ゴキゲン中飛車③~居玉△4二銀△4四歩型~

 前回(第2回)までの記事で、ゴキゲン中飛車を分析し、居飛車の対策を比較検討した。

今回からは具体的に、超速の研究を始めていきたい。

また今回から、研究記事を読み進めやすくするためにkifファイルを配布することにした。記事と同時に読み進めて、理解の助けにしてほしい。

 kifファイルのダウンロードはこちらから。

 さて、第一回の記事では次のようにゴキゲン中飛車を分析した。
ゴキゲン中飛車の主張は△5五歩の位で、その位によって生じる隙を封じて持久戦になるのが理想の展開だ。また、その具体的な形として下図を挙げた。

 △5五歩と位を取れるのはノーマル中飛車と違うゴキゲン中飛車の特権。そこから△4四歩~△4三銀と角頭を守れば、先手の駒組みを制限した上で弱点を消し、安定した持久戦にできる、というわけだ。
 しかし、本来超速はこの展開を許さない戦法である。つまり、▲4六銀が▲3五歩や▲4五銀の角頭への攻めを狙いながら、防がれても5筋の位を狙う好位置となっている。上図のように後手の主張が通るなら、超速はそもそも戦法として成り立たないことになる。そこで今回からは、後手が上図のような形を目指した時の攻防について研究していく。

 本記事の基本図は下図。

 後手は△4二銀から△4四歩として、△4三銀型を作ろうとしている。また、後手は△4二銀に代えて△3二銀も考えられるが、△4三歩△5四銀の駒組みの余地をなくして少し損だ。
 本記事では居玉△4二銀△4四歩型と題して、基本図以下の攻防を扱う。先手は急戦を目指すので▲4六銀と▲3五歩が候補手になる。順に見ていきたい。

基本図以下の指し手①
▲4六銀△4五歩(途中図)▲同銀△4三銀(第1図)

 ▲4六銀は▲5五銀と後手の△5五歩を取る手を見せながら▲3五歩という角頭への攻めを狙ったもの。通常このような二つの狙いがある手は受けにくいものだが、△4五歩(途中図)が5五に角を利かせながら▲3五歩を実現させない好手。▲同銀に△4三銀(第1図)が後手の狙いである。後手は一歩損だが、先手の銀は身動きがとりにくい。とはいえ銀を引っ張り込んでいる意味もあり、先手の攻めがあれば一気につぶれる形。先手は攻めに活路を見出したい。

第1図以下の指し手①
▲3五歩△同歩▲3四歩△4二角▲5六歩△4四歩(第2図)

 ▲4五銀と引っ張られたからには▲3五歩とつっかけるのは自然な発想。▲3四歩と押さえて先手好調のようだが、後手からは△4四歩と銀を捕獲する手があり忙しい。銀を引っ張り出した効果が表れている。
 △4二角に▲5六歩と自玉周辺からつっかけるのは怖いが、△5六同歩なら▲1一角成△5七歩成▲7八玉(変化図)

で先手指せる。自玉も怖いが馬と▲4五銀がいるので後手へのプレッシャーのほうが大きく、後手の居玉が祟る展開だ。
 そこで冷静に△4四歩。後手は銀を召し取ることに成功した。先手は暴れられるか。

第2図以下の指し手
▲5五歩△4五歩▲2四歩△同角▲2二歩△3四銀▲2一歩成△5六歩▲1一と△6二玉(結果図)

 ▲5五歩に代えて▲5五角は△同飛▲同歩△4五歩の二枚替えで先手の手が難しく不満。▲2四歩△同歩(同角)▲2二歩も△5六歩(変化図)とされると後手の攻めのほうが急所に刺さっている。
 先手は▲5五歩△4五歩に▲5四歩と突きだしたいが、△6四角とされると先手が困る。▲5八飛と回る手が一見味が良いが、△4四銀打とされると先手からは二の矢がない。
 そこで先手は▲2四歩と突くしかない。△同角が▲6八玉を睨んでいて気持ち悪いが仕方がない。▲2二歩の攻めに△3四銀と垂れ歩を払い、▲2一歩成に△5六歩と垂らすのが急所。結果図となれば二枚替えでも、攻めている場所が違い先手不利だ。

第1図から▲3五歩△同歩▲3四歩はうまくいかなかった。次に▲3八飛を検討する。

第1図以下の指し手②
▲3八飛△6二玉▲3五歩△同歩▲同飛△5六歩(第3図)

▲3八飛から3筋を交換して先手はとりあえず銀が捕獲されることがなくなった。ひと段落ついたといったところだが、△5六歩(第3図)がそれを許さない機敏な捌きだ。以下、
A.▲同銀△8八角成▲同銀△4四角▲4五飛△3三桂▲4四飛△同銀(変化図A)
B.▲3三角成△5七歩成▲7八玉△3三桂▲同飛成△4二金▲3六竜△5五角(変化図B)が考えられる。

変化図はどちらも難解。難解ではあるが、先手としては角頭を攻めようとしたのに△5六歩と捌かれ、歓迎な変化ではないだろう。

基本図から▲4六銀△4五歩▲同銀△4三銀に一気に攻めかかるのは戦果が上がらなかった。とはいえしばらく駒組みを進めるのも、後手玉が堅くなり先手から仕掛けにくくなってしまう。やはり▲4五銀△4三銀の形は先手が動きにくい格好なのである。
 そこで今度は第二の手段、基本図から▲3五歩を見ていく。

基本図以下の指し手②
▲3五歩△同歩▲4六銀(第4図)

先に3筋を突き捨て、▲4六銀と出るのが先手の工夫。これなら△4五歩には▲3五銀とこちらへ進むことができ、この攻防は後に解説する。その前に、後手がこの形の常套手段である△3六歩と指すとどうなるかを調べていきたい。歩を取られるのを防ぐ自然な一手だ。

第4図以下の指し手①
△3六歩▲2六飛(途中図)△4五歩▲3五銀△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△5六飛(第5図)

 △3六歩に▲3五銀や▲5五銀と突進すると△3七歩成▲同桂△3六歩で先手が困る。そこで△3六歩に▲2六飛が部分的にもよくある手筋。後手からの△3七歩成▲同桂△3六歩を防ぎ、銀を動かせるようにしている。先手は次こそ▲5五銀があるので、このタイミングで△4五歩から△5六歩と捌く。第5図になって後手の狙いは△5七角。

第5図以下の指し手
▲5七歩△6二角(途中図)▲4四角△同角▲同銀△5四飛▲3五銀(結果図)

 △5七角を防ぐ▲5七歩だが、△6二角が鋭い一手。初めに△3六歩▲2六飛の交換を入れたせいで、▲2六飛が狙われやすい駒になってしまっている。結果図まで先手に変化の余地はなく、形勢はまったくの互角。先手としてはやはり捌かれるのは気に入らない。

第4図以下の指し手②
△3六歩▲5八金右(途中図)△4三銀▲3八飛△5六歩▲同歩△同飛▲3六飛(第6図)

 ▲2六飛は後手に捌きを与えて危険。▲5八金右(途中図)と5七に数を足し、▲3八飛とこちらから歩を取り除きに行くのが後手の捌きを警戒した指し方だ。後手は角を捌こうにも、▲3八飛に△4五歩▲同銀△5六歩は▲同銀で問題ない。▲2六飛ではなく▲3八飛なので角で狙われないのだ。 仕方ないので後手は目標となっている5筋の歩を交換したが、先手も3筋の歩を回収した。

第6図以下は、
A.△6二玉なら▲5七金とし、△5二飛(△7六飛なら▲3三飛成~▲6五角)に▲3四歩△4二角(△2二角は▲2四歩)を利かせて▲5五銀(変化図A)として後手の駒を制圧し先手有利。それを防いでB.△3四歩も▲5七金△5二飛(△7六飛は▲6六金△7四飛▲6五金△8四飛▲7八玉で飛車が狭い)▲3七桂(変化図B)の要領で駒を活用しながら抑え込めば先手有利だ。

このように、▲3五歩△同歩▲4六銀に△3六歩は、▲5八金右と備えれば後手は角を捌けず、後手の苦しい展開となる。

やはり後手は捌きにかけるしかないようだ。そこで、△3六歩に代えて捌きに出る手順を見ていきたい。

第4図以下の指し手③
△4五歩▲3五銀△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△5六飛(第7図)

 △4五歩から△5六歩が定番の捌き。△4五歩に▲同銀は△4三銀で先の変化に合流し、先手不利なのは先述の通り。また、△8八角成に代えて△5六飛は、▲4四銀△1五角▲1六歩△2六角▲2四歩(変化図)

とすすみ先手優勢。△2四歩には▲2七歩だ。
 第7図になって後手は△5七角と△5五角を狙っている。先手は同時に防がなければならないが、どう防ぐのがいいだろうか。

第7図以下の指し手①
▲6六角△同飛▲同歩△6二玉(結果図)

 ▲6六角は△5七角を防ぎつつ敵陣にも利かせてよさそうな手。しかし、△6六飛▲同歩△6二玉(結果図)が三手一組の好手順である。
結果図の後手の狙いは△5六角や△6四角、△5六歩などで、これがどうにも防ぎにくい。とくに△5六角は許せないが、▲7八金は△5六歩の垂れ歩が厳しい。また両方を防ぐ▲5九飛には△7二玉(変化図)

と角を渡した時の▲4四角を緩和しておき、依然後手からは狙いが多い。△5六歩から△7四角や△6四角などだ。結果図は、先手が局面をまとめられず後手有利。

第7図以下の指し手②
▲5七歩△3六飛▲4四銀△2二角▲7七角△3四飛▲5五銀△3二金(結果図)

 ▲5七歩も自然な手だが、△3六飛と回られるのがいやらしい。▲4四銀に△2二角も鋭い一手で、▲7七角を強制させる。ここを▲3三歩という小技もあるが、△同桂とされると△2五桂があり▲2四歩とは突けない。△同桂に▲6六角も△3四飛や△3二金で後手大丈夫だ。
結果図まで進むと、先手の銀の位置が中途半端で玉形も悪く、後手は歩が切れている。後手大満足の進行だ。

 先手が困ったようだが、最後にとっておきの秘術がある。

第7図以下の指し手③
▲7八玉(第8図)

 ▲7八玉とあえて5筋を放棄するのがとっておきの一手。
 △5七飛成は、▲6五角で先手良し。後手は飛車を成れたものの、動くことができず、△6四角にも▲1八飛で大丈夫。後手陣に隙が多く、駒を使って受けずにその駒を攻めに使ったほうが優位を狙えるのだ。

第8図以下の指し手①
△3六飛▲4四銀△2二角▲3三歩△同桂▲2四歩△2五桂▲3三歩(結果図)

 △3六飛は▲7八玉に代えて▲5七歩のときに有力だった手段だが、同様に進めて最後の▲3三歩が打てるため先手優勢。▲5七歩と打っているとここで歩切れで、さらに▲5八飛が王手にならなかった。この△2二角が利かないなら▲2二角や▲6五角と先手から打てるので先手有利だ。
また、△3六飛に代えて△7六飛▲7七銀△3六飛も同様の展開で先手有利。7六の歩は取られても、自然と壁銀を解消できるので先手が損をしているわけではない。

第8図以下の指し手②
△5五角▲3七歩△3六歩▲2六飛(途中図)△5七飛成▲5八金右△5六竜▲2四歩△同歩▲同飛(結果図)

 △5五角は飛車のコビンを狙って怖い手だが、▲2六飛(途中図)がぴったりの守り。竜は作られたが途中で△5七歩と打たれても▲6八金右でなんともなく、結果図となり先手有利。あとは後手の隙をついて馬を作ったり竜を消したりしていれば、駒の働きと玉形の堅さで自然と良くなる。

 以上で、居玉△4二銀△4四歩型の解説を終わる。本記事では後手が5筋の位を取りかつ△4四歩△4三銀型を作ろうという欲張りな構想を見せたが、超速の餌食となった。後手は先手の攻めを受け止めることも軽く捌くこともできず、▲6八玉型で素早く銀を繰り出すという超速の形の良さが如実に現れた展開で、後手はさらなる工夫が必要なようだ。
 次回は、後手が同じように△4四歩と止める形でさらなる工夫を見せる、菅井流などを研究していく。

~本記事の結論~

居玉△4二銀△4四歩型に、単に▲4六銀は先手不満。

▲3五歩△同歩と突き捨てを切れて▲4六銀と繰り出すのが有力で、先手有利。

 次回…ゴキゲン中飛車④~菅井流△4四歩~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする