指す将竜王戦2A決勝 あずVSshinri戦 自戦記

6/18 21時から、指す将竜王戦2A組決勝、あず VS shinri 戦が行われました。本記事はそのあず目線の自戦記です。前回はおわたんさんに辛くも勝利。今回の戦型は居飛車持ち序盤研究ブロガーにあるまじき相振り飛車でしたが、ごちゃごちゃあって対抗型のような形に。最後は個人的に面白い終盤でした。それではご覧ください。
また今回の自戦記も同様に、文章中の本譜の指し手を太字にしています。

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲6八銀△4二銀▲6七銀△3五歩▲7七角△6二玉▲8八飛△7二銀▲3八銀△7一玉▲5八金左△3六歩(第1図)

お相手のshinriさんはノーマル四間飛車党。三手目▲6六歩はわかっていたので△3二飛と相振り飛車にしました。向かい飛車VS三間飛車はポピュラーな相振り飛車ですが、8筋を急がず▲3八銀から▲5八金左を急ぐのが工夫の手順です。
 △3六歩に代えて△5二金左などとすると▲4六歩(変化図)

とされ、高美濃か矢倉に組まれてしまいます。そこで本譜は飛車先を交換しにいきました。

第1図以下の指し手
▲4六歩△3七歩成▲同銀△3六歩▲2六銀△3三銀▲4七金△2四銀(第2図)

 ▲4六歩では▲同歩△同飛▲3七銀△3四飛▲3六歩(変化図)
とこちらのルートで矢倉を目指す順もあったと思います。こうなるなら安全に矢倉に組めますが、▲3七銀に△同飛成▲同桂△3六歩(変化図)

を気にされたのかもしれません。しかしそれは以下▲3八歩で、後手から手を出す手段が見つからず後手不満だと思います。

 本譜は△3七歩成▲同銀の順。矢倉に組まれるのを防ぐため△3六歩と突っ張り、▲2六銀△3三銀と位の確保に向かいました。▲4七金△2四銀はそっぽですが△4四銀に▲6五歩を嫌ったもの。それで悪いわけではありませんが、動きにくくなるのがなんとなく嫌でした。
 とはいったものの、第2図から後手が動くならどうするのでしょう。△3五銀から交換しても一応守りの銀と攻めの銀の交換ですが▲4五銀のように逆用されそうです。このあたりはすでに作戦負け。どこが悪かったのかまったくわかりませんが…。相振り飛車に詳しい方、ご指摘ください。

第2図以下の指し手

▲3八飛△4四角(第3図)

本譜▲3八飛は▲3六金と一歩得を果たそうという手。普通に進めても良いですが先手が欲張った手で、一転対抗型のような状況に。これを放っておいて▲3八飛△5二金左▲3六金△6四歩▲3五歩△8二玉▲4五金(変化図)

のような展開は個人的に後手自信なし。まあ先手もやりにくいとは思いますが。
△4四角は▲3六金に△2六角を用意したもの。▲同金△3八飛成の展開は先手玉が薄く後手が勝ちやすい展開です。

第3図以下の指し手
▲5六銀△2六角▲同歩△3五銀▲6五歩△2六銀(第4図)

 しかし本譜の▲5六銀で困りました。▲4五銀と出られるのが嫌で△2六角と切りましたが、すぐに切る必要はありませんでした。例えば△2六角に代えて△8二玉とし、▲4五銀△2六角▲同歩△3五銀(変化図)

と進めれば、▲4五銀と出させたことにより△5五銀や△6七銀の隙が生じ、本譜より後手が得でした。
 この判断ミスは痛く、第4図は無理気味の攻め。とはいえ玉側の指し手では後手のほうが得しており、美濃囲いが遠く攻めが繋がれば勝ちというわかりやすい状況で、実戦的に勝機は十分だと感じていました。

第4図以下の指し手
▲3三歩△3七歩成▲同桂△3三飛▲同角成△同桂(第5図)

▲3三歩は一番嫌だった手。ここでは△3七歩成としましたが、△3三同飛が優りました。以下▲同角成△同桂▲3六飛△3五銀(▲同飛は△2六角▲3七飛△2五桂)▲3八飛(変化図A)の展開で不満と思っていましたが、△3五銀ではなく△2七銀不成▲3四飛△8八角(変化図B)という順がありました。

 では△3七歩成の何が悪かったかというと、▲同桂△3三飛に▲3六歩(変化図C)が感想戦でも出た手。放っておくと▲4五桂でひどいので△2七銀不成▲6八飛△3六銀成▲3三角成△4七成銀と暴れるしかありませんが、そこで▲6六馬(変化図D)が冷静。大駒を全て取られては話になりません。

▲3六歩とされているとまずかったのですが、対局中はお相手気づかず▲同角成で命拾いしました。あとは自然に進んで第5図に。

第5図以下の指し手
▲2一飛△3二銀▲1一飛成△3六歩▲6六角△3七歩成(途中図)▲同飛△同銀成▲同金△7九飛(第6図)

▲2一飛が悪手。△5二金左なら▲2三飛成、△3二金なら▲4五桂という読みでしょうが、△3二銀を見落としていたとのこと。▲1一飛成に先手を取って△3六歩(▲同金なら△2七銀不成)と打てば、攻めが続く形。美濃囲いが遠く有利になったと思いました。
お相手もそれを感じ取ったのか、▲6六角と角を守りに利かせ、△3七歩成(途中図)に▲同飛と金を自陣に残す粘りの態勢に。▲3七同金には△同銀成▲同飛△1五角▲4八銀△3七角成▲同銀△7九飛(変化図)

が予定で、こちらしか読んでいませんでした。以下▲4八銀△3七角成▲同銀△7九飛の展開は本譜との比較が難しいところ。
とはいえ飛車を持ったのは大きな戦果。△7九飛と打ち下ろした局面は後手勝勢。しかもぎりぎりの勝勢ではなく形勢勝ちの勝勢なので、非常に負けにくい局面です。(フラグ)

第6図以下の指し手
▲6九香△3六歩▲4七金△8九飛成▲6四歩(途中図)△1五角▲2六歩△同角▲4八金上(第7図)

△3六歩を利かしてからから△8九飛成で後手好調。しかし、▲6四歩が悪夢の始まりでした。
▲6四歩は遠く▲6九香の睨みを活かして嫌味をつける手。丁寧にいくならここは△6四同歩が優りました。以下▲6三歩は△同銀、▲6二歩は△同玉で案外大したことはありません。
本譜は△1五角が中途半端な一手。▲2六歩(見落とし)△同角▲4八金上と持ち駒を温存して受けられよくわからないことに。ここで△3五桂▲3六金△4八角成▲同玉△6九竜(変化図)

としていれば角取りが厳しく勝勢でしたが、▲2六歩の顔を立てる△3五桂は指せませんでした。

第7図以下の指し手
△5四桂▲3三角成△同銀▲4一竜△6六桂打▲6三歩成(第8図)

△5四桂は角をどかして△7七桂と打ちたい、という魂胆で、そのときはそう思っていたのですが、最後の△6六桂打が実戦的な敗因。ここは△7七桂と打てば勝ちでした。△7七桂も考えましたが、なぜか「香筋を止めないと危ない」と本能が錯覚しました。▲6二金とかを考えていたんですが、▲6三香成が利かないので今考えればまったく怖くないです。頭が働いてなかったというか、言い表せないプレッシャーに阻まれたというか…。
第8図になって非常に怪しくなっています。後手玉には詰めろがかかり、先手玉は一見詰まない…。
と対局中は信じ込んでいたのですが、実は先手玉に詰みがありました(△6六桂打が実戦的な敗因とかいたのはそういう意味)ので、お考えください。解答は記事の最後に。

第8図以下の指し手
△同銀▲6二歩△同玉▲7五桂△5二角▲6三桂成△同角▲3二竜(第9図)

ここでは私も正気を取り戻し(?)、「一手詰めろを外せば△6八歩で勝負になる」という冷静な判断をして受けに回ります。
そして、私の心に残っているのはここからの応酬です。
▲6二歩△同玉は当然の利かし。そこで▲6四歩は△同銀で難しい(実はウソで、▲6三金以下詰み)と思ったので▲7五桂も読み通り。△5二銀などと引いても▲6三歩が厳しいので△5二角と竜にあてて粘ります。▲6三桂成△同角に▲3二竜も読み通りです。

第9図以下の指し手
△5二角▲6四歩△5一桂(第10図)

△5二角では△5二桂が優りました。▲6四歩で簡単にダメかと思いきやそうでもなく、△6八歩でなんとか勝ちのようです。▲6三歩成△同玉は後手玉が詰まず、以下▲4九玉△6九竜▲5九銀△5八桂成(変化図)

以下寄り。きれいな順ですね。

△5二角でも大丈夫だと思いましたが、▲6四歩がまたもや読み通りの一手。この辺りは相手の60秒での読みとこちらの60秒での読みが一致していて、かなり実力が伯仲してるんだなあと思っていました。(レート150上の相手に失礼ですが)
しかし、△5一桂が敗着。第10図では後手玉に詰みが生じました。

第10図以下の指し手
▲6三銀△同桂▲同歩成△同玉▲5五桂△7二玉▲6三銀△8二玉▲5二竜△6二歩▲同龍△同金▲7一角△同玉▲6二銀成△同玉▲6三金(投了図)まで先手勝ち

▲6三銀からの詰みが見落とし。▲6三銀△同桂▲同歩成△同玉に▲7五桂△7四玉で詰まないから▲3三竜△6八歩▲4九玉でもうひと勝負、とか甘い考えをしてましたが、▲5五桂とこちらから打つ手がありました。以下は最大手数で粘るも、逃げ方によっては歩すら余らないピッタリの詰みです。

△5一桂が敗着と書きましたが、正着は△5一玉(変化図)

これなら先手は駒を渡せず詰めろをかけられないので、ギリギリ後手が残していました。この手自体は見えていたので、△5一桂に対する詰みが見えていたらこちらを選んでいたと思います。
ギリギリの差を詰み探索能力で負けたのが実感でき、精進しようと思えた将棋でした。

まあ、それ以前に決めきる力が足りなすぎるのでもちろんそこも反省ですが。

shinriさん、対局ありがとうございましたm(_ _)m

<解答>

第8図での詰み手順
△6八角▲4九玉△6九竜▲3八玉△4八角成▲同金△3七金▲同金△同歩成▲同玉△3九竜(途中図)▲2七玉△2四香▲2六歩△3六金▲1六玉△2六金▲1五玉△2五金(詰め上がり図)まで

▲2七玉で▲3八合なら△5九角成で早詰。
△6八角は考えましたが、広い玉を前に読みを打ち切り。詰ませなくても余せそうという思考がマイナスに働いてしまいました。詰みそうという嗅覚が足りてませんね…。頑張ります。

次回…VSおわたん戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする