ゴキゲン中飛車④~菅井流△4四歩~

 前回(第3回)の記事では、後手が△4三銀△4四歩型を目指す展開を扱った。後手は居玉で△4二銀から△4四歩を急いだが、先手の超速の突き捨てを入れスピードアップした攻めを受け流すことができなかった。そこで今回は、後手が捌くための工夫を凝らす展開を見ていく。
 また、今回も分岐が多く変化を追いづらいので、こちらから棋譜をダウンロードしてそれを見ながら記事を読むことを推奨する。

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲6八玉△5五歩▲4八銀△3三角▲3六歩△6二玉▲3七銀△4四歩(基本図)

基本図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 銀 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=14  △4四歩  まで

 前回は△6二玉に代えて△4二銀が入っている展開を考えたが、先手の攻めに屈するところとなった。この形で△4四歩とするのが菅井六段が指した菅井流と呼ばれる形だ。前回の展開からわかるように、後手は捌き合いにするなら△4二銀が不急の一手。△6二玉が捌き合いに備える手である。

 先手が急戦を仕掛けるなら基本図からの候補手は、前回有力だった①▲3五歩△同歩▲4六銀と前回は芳しくなかった②▲4六銀の二通り。まずは①▲3五歩△同歩▲4六銀と突き捨てて仕掛ける順を調べる。前回は後手の捌きにも先手が有利に対応できたが、今回はどうか。

基本図以下の指し手①
▲3五歩△同歩▲4六銀△4五歩▲3五銀△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△7二玉(第1図)

第1図
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩二 
手数=24  △7二玉  まで

 一気に進めたが、前回の順とほとんど同じだ。
 △4五歩に代えて△3六歩は後手が捌きを狙うという作戦の趣旨に合わず、▲3八金ぐらいで無理。
 △4五歩に▲同銀は考えられるが、それなら後述する②▲4六銀が優るのでここでは説明を省略する。
 ▲3五銀に△5六歩から角交換するのは前回と同じ。最後の△7二玉が△6二玉を活かした一手だ。

第1図以下の指し手
▲4三角△5六飛▲4四銀△4六歩(結果図)

結果図
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ 角 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・v飛v歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩二 
手数=28  △4六歩  まで

 第1図で先手は△5六飛が受けにくい。▲5五角は△同飛▲同歩△5六歩くらいで先手が支えきれないし、▲2六飛は△3四歩が痛い。
 そこで▲4三角と飛車桂両取りをかけるが、△5六飛が△5七角と△5五角の両睨み。ここで前回出た秘術▲7八玉は△5七飛成と成られ、▲2一角成に△5五角(△3二銀も狙い)で△6二玉型を活かされる。本譜は▲4四銀だが、△4六歩とされた結果図は後手の攻めを受け止めるのが難しく後手ペースの進行だ。
 このように捌き合いになると後手は玉の遠さが活きる。

基本図以下の指し手②
▲4六銀△4五歩▲同銀(第2図)

第2図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩 
手数=17  ▲4五同銀  まで

 ①▲3五歩△同歩▲4六銀の進行は後手の工夫をみすみす活かす格好になってしまった。第二の手段②▲4六銀が本筋だ。
 さっそく違いが出るのが第2図。前回はここで△4三銀と備えられたが、今度はそれが間に合わない。もちろん無条件で▲3四銀と出られれば先手有利。後手はどう対応するか。

第2図以下の指し手①
△3二銀▲3四銀△5六歩▲3三銀成(途中図)△5七歩成▲7八玉(第3図)

途中図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 全v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩二 
手数=21  ▲3三銀成  まで

第3図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 全v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩vと 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩二 
手数=23  ▲7八玉  まで

 △3二銀は一手遅れで△4三銀型を目指した手。なお代えて△4二銀と△4三銀型を目指すのは▲3五歩で先手優勢となる。
 ここで▲7八玉などとしていると△4三銀で先手不満なため▲3四銀といく。そこで△5六歩は当然の捌き。▲5六同歩も自然で悪いわけではないが、なんと▲3三銀成が成立する。歩成を利かせて第3図は△3三銀か△3三桂だが。

第3図以下の指し手①
△3三銀▲5八歩△5六と▲2四歩△同歩▲3五歩(第4図)

第4図
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v銀 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・vと ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 歩 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=29  ▲3五歩  まで

 △3三銀に▲5八歩と打診する。△4七となら▲6五角と打ち、△3二金▲4四歩△5四銀▲4七角として先手優勢。と金を抜けば角歩と銀の交換で先手の駒得が残る。
 また▲5八歩に△5六歩と繋ぐ(▲5七歩△同歩成▲5八歩は千日手コース)のも▲2四歩とし、△同歩に▲2二歩(変化図)

変化図
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ 歩 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v銀 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩vと 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 歩 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 
手数=29  ▲2二歩  まで

が好手。△同飛に▲5七歩△同歩成▲3五角とと金を抜いてやはり先手有利だ。

第4図以下の指し手
△3二金▲3四歩△2二銀▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛△7二玉▲4一角△4二飛▲3二角成△同飛▲5六飛(結果図)

結果図
後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v飛v銀 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 飛 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:金 歩三 
手数=41  ▲5六飛  まで

 第4図は▲3四歩が厳しい狙いで、後手はそれを上回る攻めがない。まさか△4三銀などと打つわけにもいかず△3二金から持ち駒を温存するが▲2六飛となってやはり指し手が難しい。後手は△7二玉も▲4四角などのあたりを避けたが▲4一角から結果図となり、駒得・駒効率・堅さどこをとっても先手優勢だ。

第3図以下の指し手②
△3三桂▲5八歩△4八歩▲5九金右△4七と▲2四歩△同歩▲2三歩△5七歩▲同歩△同飛成(第5図)

再掲第3図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ 全v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩vと 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩二 
手数=23  ▲7八玉  まで

第5図
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v龍vと ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・v歩 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 金 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=34  △5七同飛成  まで

 △3三桂にも▲5八歩の打診。ここで△5六とや△5六歩でも▲2四歩△同歩▲2三歩(変化図A)があるのが△3三桂の弱点。以下△3一金▲2四飛△2一歩と受けても▲3五歩(変化図B)としてやはり後手からの攻めはなく先手有利だ。

変化図A
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・vと ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 歩 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 
手数=29  ▲2三歩  まで

変化図B
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・v金v歩v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・vと ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=33  ▲3五歩  まで

 本譜は△4八歩▲5九金右の交換を入れて△4七と。△4八歩は飛車の横利きを遮る手で、先述の▲2三歩に△5七歩と竜を作り攻め合いを目指す。

第5図以下の指し手
▲6八金右△5六竜▲2二歩成△7二玉▲3二と△同金▲4一銀(第6図)

再掲第5図
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v龍vと ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・v歩 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 金 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=34  △5七同飛成  まで

第6図
後手の持駒:銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ 銀 ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v龍 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・vと ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 金 ・v歩 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=41  ▲4一銀  まで


 ▲6八金右に代えて▲3五角は王手竜だが、△7二玉▲5七竜△同と(変化図)

変化図
後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩vと ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・v歩 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 金 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:飛 歩 
手数=38  △5七同と  まで

で先手が芳しくない。▲5八歩は△6七と▲同玉△4五角でひどいし、▲2二歩成△5六銀の展開も嫌なところだ。
 そこで▲6八金右と竜を追い返す。△5六竜ではほかの引き場所は、▲2七飛の揺さぶりが発生したり後の▲2二歩成~▲3二と△同金のときに▲6五角とと金を抜く筋が発生したり何かと損。△5六竜が最善の引き場所だ。
 ▲2二歩成に△5八歩という垂れ歩も見えるが、▲3二と△同金▲4四角(変化図)

変化図
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v龍 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・vと ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金v歩v歩 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 銀 歩 
手数=41  ▲4四角  まで

で対応が難しい。△5三銀は▲同角成とばっさり切り、△同玉なら▲3四角の両取り、△同龍なら▲3五角の準王手竜がある。かといって△7二玉とかわすのも▲3四角とし、△4五桂なら▲6一角成△同玉▲5四歩△同龍▲2四飛、△5一竜なら▲5三歩△4三銀▲5二銀と攻めてそれぞれ先手勝勢。こうなると、と金づくりは間に合わない情勢だ。
 よっていったん当たりを避けて△7二玉は仕方ない。▲3二と△同金と進むが、▲4一銀が鋭い一着だ。

第6図以下の指し手
△4二金▲2四飛△7六竜▲7七角△4一金▲4三角△3六竜▲2二飛成△6二金▲4四角(第7図)

再掲第6図
後手の持駒:銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ 銀 ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v龍 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・vと ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 金 ・v歩 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=41  ▲4一銀  まで

第7図
後手の持駒:銀二 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・ ・v金 ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ 龍 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ 角v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v龍 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・vと ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・v歩 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩二 
手数=51  ▲4四角  まで

 △4二金に▲2四飛と走る。ここで△4一金と取ってしまうと▲3三角成とされてしまうので、△7六竜と馬作りを阻止する。▲7七歩の箱入り娘はまずく、△4六竜▲2二飛成△2一歩でまぎれる。ここは▲7七角で逃げ道と角筋を残し、△4一金に▲4三角と切り込む。
 そこでは角を釘付けのままにする△5四歩もあるが、以下▲2二飛成△6二金▲8八玉となりこれも先手が指せる。
 本譜は▲3三角成を防いで△3六竜。▲2二飛成に角切りを防いで△6二金だが、▲4四角が詰めろで入る。

第7図以下の指し手
△5一銀打▲6二角成△同銀右▲5三金△4二銀打▲同金△同銀▲6一銀△8二玉▲5二銀成△4四角▲6二成銀△同角▲5四角成△4五桂▲5三銀(結果図)

結果図
後手の持駒:金 銀 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・ ・v香|一
| ・v玉 ・v角 ・v銀 ・ 龍 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 銀 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 馬 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v龍 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・vと ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・v歩 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩二 
手数=67  ▲5三銀  まで

 後手は必死の防戦。変化はあるが先手の攻めが続き、結果図まで進めば先手有利。
 長々と変化を掘り下げたが、後手の攻めが遅く先手が攻める展開となり、つまりは先手が勝ちやすい展開だ。第2図まで戻る。

第2図以下の指し手②
△3二金▲3四銀△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△7二玉(第8図)

再掲第2図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩 
手数=17  ▲4五同銀  まで

第8図
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・v銀v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩三 
手数=24  △7二玉  まで

 △3二銀は先手の踏み込みがあり危険な一手だった。△3二金が本筋で、まずは先程と同じように▲3四銀と斬り込む手を見ていく。
 今度△5六歩に▲3三銀成は△5七歩成▲7八玉△3三桂で後手陣に隙が無く無理筋。▲同歩△8八角成▲同銀に△5六飛と走ると▲4四角があるので、△7二玉と備える。ここで先手の手が難しい。

第8図以下の指し手
▲5七玉△6五角▲4五角△7六角▲3五歩△5四角(結果図)

結果図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・v銀v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v角 ・ 銀 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 歩 歩 ・|五
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 玉 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩三 
手数=30  △5四角  まで

 ▲5七玉は佐藤康光九段が指した有名な手だが、結果図まで進んで形勢は先手がまとめづらい。
 ▲5七玉に代えてまだしも▲7七角ぐらいだろうが、△2二銀のあとの指し方が難しい。これは先手が指しづらい変化だ。

第2図以下の指し手③
△3二金▲7八玉△4三金▲3八飛△3二銀▲3五歩△同歩▲同飛(途中図)△7二玉▲5八金右△8二玉▲3六飛△7二銀▲6八銀(第9図)

途中図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v金v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 飛 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩二 
手数=25  ▲3五同飛  まで

第9図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v金v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 飛 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 銀 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩二 
手数=31  ▲6八銀  まで

 ▲3四銀は△5六歩から捌かれてしまった。▲7八玉の穏便策が優る。▲7八玉に△7二玉は▲3三銀成に△5七歩成が利かなくなるので、△4三金はこの一手。
 ここで▲5八金右などしていると、△4二角▲3八飛△3三桂(変化図)

変化図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・v銀 ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛v角 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v金v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩 
手数=24  △3三桂  まで

で銀が死んでしまうので注意が必要。以下は▲3四銀△同金▲3五歩△4四金▲3四歩△5三飛のような展開。先手が明確に悪いわけではないが、選択肢を与える理由もとくにないので▲3八飛が無難だ。
 後手は銀を活用したいが、△3二銀に代えて△4二銀は▲3五歩△同歩▲3四歩△2二角▲2四歩△同歩▲2八飛がありダメ。金銀逆形だが△3二銀と使う。
 ちなみに途中図で△7二玉に代えて△7二銀だと▲3四銀△同金▲同飛が機敏で先手有利。以下△7一玉なら▲4四金△5一角(△2二角)▲5三金があるし、△4三銀も▲3三飛成△同桂▲3四歩がある。正確に咎めていきたい。
 第9図まで自然に進むが、後手は駒が活用しづらく進展性がない。対して先手は▲3七桂や▲7七角など進展性に富む形。そこで後手は仕掛ける。

第9図以下の指し手
△5六歩▲6六歩△5七歩成▲同銀△5五歩▲6八銀△5一角▲9六歩△3三桂(第10図)

再掲第9図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v金v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 飛 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 銀 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩二 
手数=31  ▲6八銀  まで

第10図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・v飛 ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v金v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 飛 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 銀 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩三 
手数=40  △3三桂  まで

 △5六歩はこう仕掛けるところ。先手陣は大駒の打ち込みに弱いので▲6六歩と角交換を避ける。△5七歩成▲同銀となって後手は手が難しい。
 △5五歩はひねった一手。▲5六銀と引けなくさせてから本譜のように△5一角~△3三桂と桂を活用する狙い。もちろん△5五歩に放置すれば△4四歩が厳しいので当たりを避けて▲6八銀と引いておく。それでも△4四歩なら▲3四銀△同金▲同飛△5六歩▲6七金としておいて問題ない。
 △5一角に▲9六歩が大きな一手。これは単に玉を広くしただけでなく、▲9七角という端角も狙っている。例えば△9四歩と端を受ければすかさず▲9七角と出て先手優勢。▲3一角成と▲3二飛成を同時に受けるのが難しい。この▲9七角という手は対中飛車において先手が角道を止める展開になったときに頻出の手なので、そうなりそうなときは序盤に突き合っておければよい。
 また、▲9六歩に△6二角にも▲9七角が成立。以下△5三角には▲同角成△同金▲2二角、△3五歩には▲4六飛でいずれも受けづらい。
 △3三桂と活用する順を本手順とした。

第10図以下の指し手

▲3四銀△同金▲同飛△4二角▲3六飛△3四歩▲同飛△5六歩▲6五歩△5七銀▲6七金打(結果図)

結果図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・v飛v角v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 金v銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 銀 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩四 
手数=51  ▲6七金打  まで

 ▲3四銀△同金▲同飛の局面で先手からは▲5三歩△同飛▲5四歩△4三飛▲9七角の狙いがあり、後手は5三に利きを足さなければならないが、△6二角はやはり▲9七角が厳しい。△4二角は場合によっては△6四角の飛び出しを見た手だがすぐは▲6五歩があるので無理。▲3六飛と引いて▲3四歩を狙う。
 △3四歩の犠打を取らせて△5六歩は▲6七金としてしまうと△6四角でまぎれるという油断ならない手だが、冷静に▲6五歩と防ぐ。△5七銀の打ち込みにも▲6七金打と頑強に守った結果図は後手の手が続かず先手有利だ。

基本図以下の指し手③
▲4六銀△5六歩▲同歩△同飛(第11図)

再掲基本図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 銀 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=14  △4四歩  まで

第11図
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・v飛 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩 
手数=18  △5六同飛  まで

 ▲4六銀△4五歩▲同銀の展開は先手有利の分かれを得た。最後に▲4六銀に△5六歩を研究する。
 この手は▲3五歩△同歩が入った形では▲3四歩がありできないが、今回は前回と違いそれがない。これも一つ今回の形を活かしたものといえる。

第11図以下の指し手
▲2四歩△同歩▲3五歩△4五歩▲3三角成△同桂▲4四角△7二玉▲5七銀(第12図)

第12図
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ 角v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v飛 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩 
手数=27  ▲5七銀  まで

 ▲2四歩の突き捨ては入れておきたい。▲3五歩に△同歩は▲3四歩でひどいので後手は△4五歩と捌く。
 △4五歩には▲同銀も有力。以下△8八角成▲同銀△5一飛と進み、先手の指し手に迷うところ。▲6六角、▲7七角、▲5四歩などが候補手で先手もそれなりに戦える。
 本譜の▲4四角と打つのは先手良しが定説とされている変化。▲4四角に△5三角は▲同角成△同飛▲5五銀で銀が味良く生還する。取れば▲4四角△5三飛▲5四歩。
 △7二玉に▲5七銀と引く。▲4四角と△7二玉の交換を入れるのは先手にとって重要で、単に▲5七銀だと△同飛成▲同玉△5五角と先着されてしまう。

第12図以下の指し手
△5五角▲同角△同飛▲6六銀(第13図)

第13図
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v飛v歩 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=31  ▲6六銀  まで

 △5五角で△6四角は▲2四飛と走れる。また△5五角に▲5六銀は△4四角とこちらを取られて先手不利。
 5五での交換のあと▲3四歩などとすると△5七飛成▲同玉△5五角がやはり急所の反撃になる。▲6六銀が落ち着いた一手だ。
 第13図で後手は①△5一飛②△5六飛③△6四角の三つの手が考えられる。順に見ていく。

第13図からの指し手①
△5一飛▲3四歩△4六歩▲同歩△4五桂▲3三歩成△4八歩(第14図)

第14図
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v飛v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・v歩 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩三 
手数=38  △4八歩  まで

△5一飛には単純に▲3四歩が成立する。ここでそっぽに△2五桂の逃げるのは▲3三歩成で先手有利。以下△3六歩▲3八歩△5六歩▲5八歩△6四角▲1八飛(変化図)

変化図
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v飛v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・v角 ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v桂 ・|五
| ・ ・ 歩 銀v歩 ・v歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 歩 ・ 歩 ・ 飛|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 
手数=41  ▲1八飛  まで

と丁寧に受け続ければと金が大きいのがはっきりしてくる。あとは▲2三角のように成駒を作っていけばよい。
 △4六歩から△4五桂とこちらに跳ねるのが本筋で、取ればもちろん△4六角。だがこれでも▲3三歩成としておけば後手からの攻めは難しい。△5七角も▲同銀△同桂成▲7八玉と進んで駒不足。△4八歩と小技を使う。

第14図以下の指し手
▲5八金右△5六歩▲4三と△5七角▲同金△同歩成▲7七玉(結果図)

結果図
後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v飛v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ と ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 玉 歩vと ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角二 歩三 
手数=45  ▲7七玉  まで

 △4八歩は油断ならない手で、▲同飛なら△5七角、▲同金なら△3九角、▲5九金寄なら△5七角▲同銀△同桂成▲7八玉△5八歩がある。自然に▲5八金右だが、△5六歩で▲5八歩と受けるスペースがない。困ったようだが▲4三とで強く催促する。
 ▲5三歩とされてはこまるので△5七角と打ち込むが、結果図まで進んで先手優勢。▲7七玉は▲7八金とする余地を作った手で手堅い。

第13図以下の指し手②
△5六飛▲3四歩△4六歩▲3三歩成△4七歩成▲7八玉(第15図)

再掲第13図
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v飛v歩 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=31  ▲6六銀  まで

第15図
後手の持駒:角 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀v飛 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・vと ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 桂 歩二 
手数=37  ▲7八玉  まで

 飛車を逃げるなら△5六飛が良い。攻め味を見せた手で、例えば先ほどと同じように▲3四歩△4六歩▲同歩△4五桂▲3三歩成と応じると△4六飛で後手有利。これは△5六飛が活きている。
 先手はと金を作らせるのは仕方ないが、▲3三歩成まで進んでみると▲2三角がありこちらのほうが△5六飛を咎めている手順といえる。△4七歩成は△3六角が発生しているのでとりあえず▲7八玉。第15図から後手は直接攻める△4八歩とひねって△4五角がある。

第15図以下の指し手①
△4八歩▲3四角△4六飛▲5九金右△5八歩▲6八金右△4九歩成▲5三桂△6二金▲4一桂成△5九歩成▲5一成桂△6九と▲同金(結果図)

結果図
後手の持駒:角 金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・ 圭 ・v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・v飛 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・vと ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・vと ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:金 歩三 
手数=51  ▲6九同金  まで

 △4八歩に▲5九金右と逃げると△5八歩▲6八金右△5九歩成の追撃を食らう。よって角を打って飛車の利きをずらす。
 ▲3四角では▲2三角のほうがよさそうだが、△4六飛と回られると結局▲4一角成とは取れないので敵玉に利かせておいたほうが良い。たとえば▲3四角に△3六飛なら▲6四桂のような変化が生じる。
 結果図までは攻め合いだが、先手優勢。次に▲6一金や▲5三歩が厳しい狙いになり、後手の攻めが間に合っていない。▲3四角がよく利いている。
第15図以下の指し手②
△4五角▲7八玉△4八歩▲同金△同と▲同飛(途中図)△4七歩▲同飛△3六角▲4一飛成△6九角成(第16図)

再掲第15図
後手の持駒:金 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀v飛 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 桂 歩四 
手数=43  ▲4八同飛  まで

第16図
後手の持駒:金二 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ 龍v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀v飛 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀v馬 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 金 桂 歩五 
手数=48  △6九角成  まで

 △4五角は後手の工夫。△6六飛をさけて▲7八玉が自然に入ってしまうが、そこで△4八歩と攻めれば先手の角打ちがなく良いだろうという主張だ。そこで先手は△4八歩に▲同金△同と▲同飛と清算してしまう。駒損にはなるが、後手は角を手放したのでおさめると攻めが細い。たとえば△4七歩▲同飛△4六歩▲3七飛のような展開は後手からの二の矢がない。また△4七歩で△4六歩の温存も▲6五角の催促が厳しい。
 後手は△3六角△の斬り合いに賭ける。第16図は先手も怖いが。

第16図以下の指し手
▲6四桂△8二玉▲6一竜△5八飛成▲7七玉△5九馬▲6八金△6四歩(第17図)

第17図
後手の持駒:金二 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 龍 ・ ・v銀 ・v香|一
| ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・ ・ ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 玉 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 金v龍 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・v馬 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 金 歩五 
手数=56  △6四歩  まで

 ▲6四桂があった。△同歩は▲4五角で、以下△8二玉▲5六角△6八金▲同銀△7八金▲9八玉△7二銀▲7七銀(変化図)

変化図
後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ 龍v銀 ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・ ・ ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 角 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| 玉 ・v金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・v馬 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:飛 金二 歩五 
手数=59  ▲7七銀引  まで

で難解ながら先手一手勝ち。△7二銀は逆転を呼ぶタイプの勝負手だが▲7七銀と△6八銀~△8六桂を消すのが冷静な一手だ。以下△6八金には▲3一竜で、先手玉にはどうにも詰めろをかけ続けにくい。

 △8二玉もきわどい。▲6一竜が詰めろで入るが、△5八竜も痛く見える。ここで▲7八金合は△7九馬▲同玉△6八金▲同金△8八金が手筋の送りで詰み。▲7七玉とかわす。
△5九馬に▲6八角合も有力だが、本譜は▲6八金。△6四歩は詰めろ解除だが油断ならない一手。

第17図以下の指し手
▲3五角△5三歩▲6二金△7二金▲同金△同銀▲▲3一竜△6一金▲6二金△7一金打▲同金△同金▲8八玉(結果図)

結果図
後手の持駒:金 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v金 ・ ・ ・ 龍 ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・ と ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ 金v龍 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・v馬 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:金 銀 歩五 
手数=69  ▲8八玉  まで

 ▲3五角が詰めろ逃れの詰めろで決め手。ここを▲7二金△9二玉▲7一竜と必至をかけるのは罠で、△6八馬▲同銀△8五桂で詰む。
 後手も粘るが▲3五角のおかげで△6一金に詰めろでない▲6二金が利く。先手玉には詰めろがかからない。
 決めるだけ決めて▲8八玉が最後のひと押し。もちろん▲5八金と取れれば先手勝ちだし、△3八竜▲5三角成△6一金打のような粘りなら▲7八金とかわしておいて問題なし。先手の手勝ちは明らかだ。

第13図以下の指し手③
△6四角▲7八玉△5七飛成▲同銀△2八角成(第18図)

再掲第13図
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v飛v歩 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:角 歩 
手数=31  ▲6六銀  まで

第18図
後手の持駒:飛 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・v馬 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:飛 角 歩 
手数=36  △2八角成  まで

 第13図まで戻り、飛車を逃げない手を調べる。
 △6四角は飛車にひもをつけつつ先手の飛車を射程に入れた手。喜んで▲5五銀と取ると△同角▲2四飛△9九角成の二枚替え。玉側の香を取られるのは気分が悪い。
 △6四角に▲3四歩や▲2四飛などもあるが△4六歩が怖い。一手▲7八玉とするのが本筋だ。
 ここで△4六歩は▲5五銀△同角▲7七角△同角成▲同桂△4七歩成▲4三飛で先手良し(▲6八玉型だと△4六角などのあたりが強い)。また△7二玉などとしていても同様に▲2四飛で△4六歩の効果が薄まる。△5七飛成と飛び込むところだ。
 なお△5七飛成のところ△5四~5一飛と下に引くのは▲5五歩があり、△5六飛も▲2四飛とできる。△5七飛成は▲2四飛に△4七竜を用意している。

第18図以下の指し手
▲3四歩△2五桂▲3三歩成△1九馬▲3二歩△同銀▲同と△同金▲3四角(第19図)

第19図
後手の持駒:飛 香 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂v馬|九
+---------------------------+

先手の持駒:飛 銀 歩 
手数=45  ▲3四角  まで

 ▲3三歩成には△5五馬もあるが、▲3二歩で▲6六角など合わせておけば先手の駒得が残る。後手は先手の桂香を回収しないとと金を作らせた対価に足りない。
 △1九馬から△2八飛が後手の狙いだが、3二で清算して▲3四角が鋭い一手だ。

第19図以下の指し手
△6四馬▲2一飛△5二歩▲1一飛成△5四飛▲4五角△5七飛成▲6六香(結果図)

結果図
後手の持駒:銀 香 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・ 龍|一
| ・ ・v玉 ・v歩 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・v馬 ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 ・v桂 ・|五
| ・ ・ 歩 香 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v龍 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 ・|九
+---------------------------+

先手の持駒:銀 歩二 
手数=53  ▲6六香  まで

 ▲3四角は▲5三歩が狙いで、たとえば△2八飛▲6八銀引△2九飛成なら▲5三歩△5一歩▲5二銀(変化図)

変化図
後手の持駒:桂 香 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v歩 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ 銀 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 歩 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・v龍v馬|九
+---------------------------+

先手の持駒:飛 
手数=51  ▲5二銀  まで

が厳しい。△4三香なら▲6一銀成△同玉▲4一飛だ。
 よってそれを受けたいが、△5一歩なら▲6一角成△同玉▲4一飛、△5二歩なら▲5三歩△同歩▲5二銀、△5一香も▲5三歩△5四飛▲6一角成△同玉▲4一飛でいずれも攻めが続く。
 △6四馬とひきつけるのにも平凡に香を拾って先手優勢。▲6六香と設置しての攻めを見せる。△5四飛は痛そうだが▲4五角がぴったりで、銀を取られても▲6六香が厳しい。結果図も先手優勢だ。

 以上で本記事を終える。菅井流△4四歩の工夫を先手の単に▲4六銀と出る急戦により打ち破ることができた。次回は、後手が早々に銀を繰り出す△5四銀型を研究する。

  ~本記事の結論~

 ▲4八銀△6二玉▲3七銀に△4四歩が菅井流と呼ばれる後手の工夫。

 ▲3五歩△同歩▲4六銀の攻めは先手不満。

 単に▲4六銀と出る手が有力で、急戦策は十分に成立する。

次回…⑤後手△5四銀型

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする