ゴキゲン中飛車②~先手の様々な対策とその分析~

 前回の記事では、ノーマル中飛車と比較する形でゴキゲン中飛車の急所を分析した。これをもとに、居飛車側の様々な対策を比較検討し、どの戦法を選び研究するか決めていきたい。下に前回のまとめを置いておくが、まだ前回の記事を読んでいない方は読んでから本記事を読んでほしい。
 なお、これから解説する居飛車側の対策は、歴史的に登場した順ではないことを最初に断っておく。

~ゴキゲン中飛車の棋理的な意味 まとめ~
・ノーマル中飛車は▲5六歩~▲5七銀とする居飛車穴熊に苦戦を強いられた。
・そこで振り飛車はそれを防ぎつつ主導権を握るため、△5五歩と位を取ることを考えた。
・それを実現するのが角道を閉じずに△5五歩と位を取るゴキゲン中飛車の駒組みである。
・ただし弱点もあり、ゴキゲン中飛車は角頭が薄く、はじめは△5五歩が不安定。居飛車はこれらをとがめていきたい。

 この記事をわかりやすく解説した動画

 さて、まずは持久戦から。ゴキゲン中飛車は居飛車穴熊を牽制したものである、と前回書いたが、それでも穴熊に組むとどうなるかというのは触れておきたい。

 居飛車穴熊A図は、先手が普通に穴熊に組んだ状態。▲4七銀▲3七桂型はバランスがいいが、A図まで組みあがると▲4七銀の働きは微妙な感じ。堅さで上回り右桂がはねられていても、仕掛けどころが難しく先手が思わしい展開とは言えない。
 現在ゴキ中に穴熊を目指すなら主流となっているのが居飛車穴熊B図で、右銀を4七や4六に活用せず一直線に穴熊に組むことから一直線穴熊と呼ばれる形だ。様々なバリエーションがあり、図はその一つの相穴熊の形。後手に飛車先を交換されないように初めに▲6六歩と角道を止めるせいで、急戦を仕掛けるなど多くの選択肢は後手にある。図の展開は後手が一番おとなしくしたものだが、堅さで優位をとれないうえに先手だけ角が使いづらい。△5四飛~△4四飛など陣形の偏りからくる揺さぶりなどもあり、先手が好んで選ぶ展開ではないように思える。なにより、ゴキゲン中飛車側の主張を全て通しているのが悔しい。ただし、穴熊が得意なら実戦的にこの戦法を選択する意味はある。

続いて、丸山ワクチン。

△5五歩と位を取られる前に▲2二角成(A図)と角交換してしまうのが丸山ワクチン。丸山忠久九段が流行らせたころ、当時癌の新薬として注目された丸山ワクチンとかけて、丸山ワクチンという戦法になった。角交換は手損だが、その分は△5四歩に費やされており、「角交換には5筋を突くな」という格言を逆用して、後手の駒組みを制限している。
 具体的な進行はB図のようになる。後手は先手の飛車先を△3三銀と受けることになるが、なにもしないと▲3七桂~▲4五桂で崩壊するので△2二飛と回ることになる。5筋を突いたせいで▲3一角の傷が残り、後手は駒組みに制約を受けることになる。△3三桂~△2一飛~△4二金のバランス型を取ることになり、先手としては後手の形を限定できる。つまり、先手は5筋を突いていないので右金を自然に囲いに寄せることができ、堅さで優ることができる。
 とはいったものの、その展開で先手がよいかというと微妙である。先手は何も考えていないと下図のような展開になる。

 先手のほうが堅いといっても、角を持ち合っているためやはり完全に固めることはできない。さらに、上図まで進むと先手は打開に苦労し、神経を使うことになる。プロでも千日手が多い戦法で、積極的に良さを求めに行くような作戦ではないようだ。
 また、このような展開を避けるために位取りをするという考えられるが、もともと手損しているので後手からの反発がきつく、これも先手が神経を使う戦いとなる。

 居飛車の持久戦策は、あまりうまくいく感じがしない。角交換しないと△5五歩の位が大きく、角交換を挑んでもゆったりとすれば千日手模様のじりじりとした神経戦になる。先手としては、もっと具体的に良さを求めたい。
 居飛車側の前提として後手に簡単に5筋位取りを許してはならないのは前回の記事で述べた通り。先手は揺さぶりが必要なようだ。そこで、居飛車側の急戦策を見てみよう。

 まず考えられるのは、▲2四歩を成立させる作戦。下図を見てほしい。

 図は、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛と進んだ局面で、ゴキゲン中飛車の基本図。△5二飛に代えて△3三角は▲3三角成△同桂で後手が不安定な形。後手が先手の飛車先を角で止め、かつ角交換されないためには、図から△5五歩、△3三角の二手が必要になる。そこでそうなる前に先手は飛車先を交換しよう、という作戦を考えていきたい。後手の狙いは5筋の位を活かした持久戦なので、先手としては後手の戦術を真っ向から否定する形だ。

 まず考えられるのは図ですぐに▲2四歩△同歩▲同飛と仕掛ける手。

 これが成立してはゴキゲン中飛車は終了といえるが、もちろんちゃんと対策がある。図から後手は△8八角成▲同銀△3三角とする。

 飛車銀両取りだが、▲2一飛成は△8八角成(A図)で、銀桂交換の駒損の上後手はすぐに桂や香を取り返せる形で後手優勢。また、▲2八飛と引いても△2六歩(B図)と垂らされ、△2七歩成▲同飛△8八角成と△2二飛の両方が受からず先手不満の展開。

 このように、すぐに▲2四歩は成立しない。相手に角道を閉じていないことを最大限活かされた格好である。
 そこで先手は、何か一手指し、後手に△5五歩とさせてから▲2四歩と交換する手は成立しないか、と考える。
 まず平凡に▲4八銀としてみよう。そこで△5五歩に▲2四歩△同歩▲同飛。

 後手から角交換できず先手成功に見えるが、残念ながらそうではない。ここから△5六歩(A図)と突くのが好手で、▲同歩なら△8八角成▲同銀△3三角と先程の手順で後手優勢。▲4八銀が壁を作るマイナスの手になっている。また、▲5六同歩に代えて▲2二角成も△同銀(B図)と取られると、△5七歩成と△3三角を同時には受けられずこれも後手がよい。

よって、基本図から▲4八銀△5五歩▲2四歩も成立しない。
 さて、困ったようだが、先手には2つの秘策がある。それは、▲4八銀より工夫を凝らした手で待とうというもの。それこそが、▲7八金戦法や超急戦と言われる戦法である。順に見ていきたい。
 まずは▲7八金戦法から。基本図から先手は▲7八金と上がり、△5五歩なら▲2四歩△同歩▲同飛(下図)とする。このとき、8八の銀に紐がついている効果で、△5六歩▲同歩に△8八角成▲同銀△3三角が両取りにならない。こうして安全に飛車先を交換しようというのが▲7八金戦法の狙いである。


 こうなれば先手が良いとまでは言わずとも後手がまとめづらい進行で先手の主張が通った形だが、後手も対策がある。それは、△5五歩に代えて△6二玉とする手で、5筋位取りを諦める指し方。ゴキゲン中飛車の主張を切り崩したように見えるが、▲7八金という形自体本来玉が来るべきところに金が来てしまう悪形なので、先手の妥協案という感じだ。

 飛車先交換を実現する第二の策は、基本図から▲5八金右(下図)である。

 以下△5五歩▲2四歩△同歩▲同飛△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△3三角(A図)とおなじみの手順。これでは▲7八金と違い両取りが受かっていないので失敗かと思われるが、ここで▲2一飛成△8八角成▲5五桂(B図)と進めるのが狙いの手順。

 基本図から▲4八銀としてこの変化に持ち込めば先手は壁銀で到底戦えなかったが、▲5八金右とすることにより、逃げ道を塞がずかつ上部を強くすることに成功している。このような乱戦で銀桂交換の駒損でも、形勢は互角だ。また▲7八金戦法と比べ、後手が乱戦を避けて持久戦に持ち込んだときも自然な駒組みができるところも利点だ。

 このように先手が▲2四歩と交換する手順は有力。一気に乱戦に突入するので終盤の研究&暗記勝負になるが、相手の得意な形を避けるという実戦的な意味でも選択する価値がありそうだ。

 続いては、後手が△5五歩~△3三角と組めた形での先手の急戦を見ていく。先手の狙いどころは先述の通り、後手の角頭と5筋の位である。
 まずは、千鳥銀という戦法を見ていきたい。

 千鳥銀の基本図はA図。ここから後手が△4二銀など一手動かしたあとに▲3六銀(B図)と出るのが狙いの一手だ。次に▲4五銀を狙うことで、直接的にゴキゲン中飛車の角頭が弱いという弱点をとがめている。また▲7七銀型を作ることで、後手からの△5六歩の捌きを抑えている。
 といったのはいいが、私にはこの戦法は成立していないように思える。狙いのB図から△3二金▲4五銀と進んだとき、△3五歩(C図)とされて先手が何をすればいいかわからないし、D図のように早々に△5四銀型を目指して先手の仕掛けを阻止することもできそうだ。

残念ながらこの戦法が指されていた時代に私は生きていなかったので、そうじゃないよ、と教えていたただける方はコメントくださいm(_ _)m

 さて、次が最後の戦法となる。先手のゴキゲン中飛車対策として流行してから今までずっと、ゴキ中対策不動のエースとして活躍してきた戦法、それが超速である。どのような戦法か見ていきたい。

 まず後手が△5五歩△3三角型を作った瞬間に▲3六歩(A図)とし、▲3七銀~▲4六銀(B図)と銀を据える。この銀は千鳥銀と同様、角頭を狙っている。やはり角頭が急所なのは変わらない。そして▲4六銀型が千鳥銀の▲4七銀型と違う点は、▲4五銀に△3五歩がないこと、▲3五歩の仕掛けを用意していること、桂が活用できることだ。
 これだけ書けば超速にいいことばかりのようだが、その代わりに超速は▲4六歩▲4七銀型を早々に作る千鳥銀とは違い△5六歩のケアをしていない。とはいえそれさえクリアすれば得をすることは確かなので、リスクを背負ってリターンを取りに行く積極的な戦法といえる。
 そしてさらに、超速にはもう一つの意味がある。それは、▲4六銀が後手の△5五歩をにらんでいることだ。早々の▲4六銀で角頭を狙った上、後手が対処すれば下のように△5五歩を狙う展開にシフトチェンジすることができる。

 つまり超速は、ゴキゲン中飛車の弱点である角頭を狙い、さらにそれに対応させることで5筋の位の確立を遅らせ、それを目標にして攻める、というゴキゲン中飛車の特徴を最大限に咎めた戦法なのである。

 さて、居飛車の様々な対策を見てきたところで、まとめに入る。相手の得意形に持ち込ませない超急戦なども有力だが、棋理的な意味を追求する当サイトとしては、こちらの主張を通せばゴキゲン中飛車の主張をことごとく否定することができる超速を選びたい。そこで次の記事からは、超速VSゴキゲン中飛車の戦いを研究していく。

 次回…ゴキゲン中飛車③~居玉△4二銀△4四歩型~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする