指す将竜王戦本戦トーナメント二回戦 あずVS造花戦 自戦記

 指す将竜王戦本戦トーナメント二回戦は、1A組三位の造花さんとの対局です。前回は真夜さんと戦いなんとか勝利、これに勝てばベスト6です。また、造花さんとは指す将順位戦でも戦い(自戦記はこちら)そこで勝っています。トーナメントなのでなおさら負けられません。ではご覧ください。

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲5八玉(第1図)

第1図
後手:造花
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v飛 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:あず
先手の持駒:歩二 
手数=15  ▲5八玉  まで

 手番は先手に。四連続後手のあとの三連続先手というのは光速の収束といえます。
 横歩取りの出だしですが、横歩は取らずに▲5八玉。これは事前情報も考えた上で決めた作戦で、造花さんは対横歩取りには△3三桂戦法だけを勉強しているようでした。それなら、このような棋書には載っていない変化は知らないだろう、というメタ読み。こういうメタ読みもネット棋戦の醍醐味です。たぶん。
 実際にも思った通り知らなかったようで、私の狙いにハマります。

第1図以下の指し手
△1四歩▲2二角成△同銀▲7七角△8九飛成▲2二角成(第2図)

第2図
後手:造花
後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 馬 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 飛v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香v龍 銀 ・ ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:あず
先手の持駒:銀 歩二 
手数=21  ▲2二角成  まで

 後手の応手は△1四歩。これは▲3四飛には△3三桂としてスムーズに△3三桂戦法に移せるようにしつつ様子を見た手ですが、▲2二角成△同銀▲7七角が狙いの仕掛け。ここでの仕掛けは頭になかったかもしれません。
 既にこちらの土俵ですが、もちろんこれだけで先手優勢というわけではありません。しかし、こんな仕掛けは成立しないだろうと思っている後手が正確に指すのは至難の業でしょう。
 後手は強気に△8九飛成としましたが、ここは△8二飛も有力でした。以下▲8三歩△5二飛▲7七桂のようなどこかでみたような展開は、いい勝負でしょう。
 ちなみに、PonanzaVS山崎戦がこのような展開でした。

第2図以下の指し手
△4二角▲2八飛△2七歩▲同飛△3五桂▲2五飛△3三桂▲3二馬△2五桂▲4一金△6二玉▲4二金(第3図)

第3図
後手:造花
後手の持駒:飛 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ 金 馬 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香v龍 銀 ・ ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:あず
先手の持駒:角 銀 歩三 
手数=33  ▲4二金  まで

 後手は△4二角をひねり出しましたがこれが悪手。部分的にはある手で、例えば仮想図。本譜の▲5八玉に対して後手が△8八角成▲同銀△3三角▲2一飛成△8八角成と進んだときに▲6八角と打った局面です。

仮想図
後手:造花
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀 龍v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v飛 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・v馬 金 角 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:あず
先手の持駒:桂 歩二 
手数=21  ▲6八角 まで

 前手△8八角成に通常なら▲8八金と取れますが、この場合は△同竜が王手となり後手優勢。しかしこの▲6八角が好手で、△8二飛のような手なら▲8八金△同飛成▲3一竜△同金▲3三角を用意しています。▲6八角を挟むことで△8八竜が王手にならないという理屈です。
 良い手になることもある△4二角ですが、この場合はダメでした。ここで絶対手なのが△1五角で、これはなかなか知らないと指せない手です。以下は▲2八飛なら△2七歩▲同飛△2六歩が利き、▲2五飛も△3三桂と本譜よりはるかに得。そこで▲3四飛△3三歩▲2一馬△3四歩▲3二馬(変化図)

変化図
後手:造花
後手の持駒:飛 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v角|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香v龍 銀 ・ ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:あず
先手の持駒:金 銀 桂 歩三 
手数=27  ▲3二馬  まで

のような進行が本筋。先手が少し形勢が良いですが、まだまだわかりません。
 本譜は△4二角に2分考えて▲2八飛△3五桂に3分考えて▲3二馬と慎重に時間を使って正確に指すことができました。こういうとき漠然とした自分の感覚よりも、「この局面はソフトで検討して優勢と出ていたから最善手を選べば必ず勝てるはずだ」という後ろ盾がけっこう大きいものです。
 第3図となって点数としては1800点、先手勝勢と出るほどの差が開きました。

第3図以下の指し手
▲4三馬△4五飛▲4八銀△2九歩成▲5二銀(途中図)△3七桂成▲6一銀不成△4七桂成▲6八玉△7四歩▲5一角(投了図)

途中図
後手:造花
後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 銀 金 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩 馬 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 銀 ・ ・ ・|八
| 香v龍 銀 ・ ・ 金 ・vと 香|九
+---------------------------+
先手:あず
先手の持駒:角 歩四 
手数=39  ▲5二銀  まで
投了図
後手:造花
後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 銀 角 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ 金 ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩 馬 ・ ・ ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩v圭v圭 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 ・ 銀 ・ ・ ・|八
| 香v龍 銀 ・ ・ 金 ・vと 香|九
+---------------------------+
先手:あず
先手の持駒:金 歩四 
手数=45  ▲5一角  まで

 ▲4三馬は▲5二銀を狙った手。△4五飛は見えていませんでしたが▲4八銀と受けておいて大丈夫。狙いの▲5二銀、必至の▲6一銀不成と技が決まり、快勝となりました。

 本局は相手の情報もありましたが、研究が刺さり快勝。これ以上ないほどの内容になりました。造花さんとしては力を出せない不本意な内容となったかもしれません。
 横歩取りのような大駒がにらみ合う戦型は序盤からいろいろな変化があり、ちょっと試そうくらいの感覚で踏み込むと思わぬところで斬られることがあります。みなさんも横歩取りをするなら、様々な変化を知った上で飛び込みましょう!
(こうして横歩取り人口が減ってゆく…)

 ともあれ本戦トーナメント二回戦突破、ベスト6となりました!次の対局相手はねーきっどさん、24最高六段の今までとはくらべものにならないほどの高レート者です。精一杯食らいつくように頑張ります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする