ゴキゲン中飛車⑤~△5四銀型~

 今回もkifファイルをこちらに用意しているので、ダウンロードして見ながら読み進めるのをオススメします。スマホからなら、盤駒を用意するのをオススメします。

前回まで、後手が下図のような構えを目指す展開を見てきた。

仮想図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v銀v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=16  △4三銀  まで

 しかし結果として先手の出足の方が一歩早く、後手の駒組みは間に合わなかった。結局、後手が角道を止めて戦うことはできないようだ。そこで今回からは違う指し方を見ていく。

基本図まで

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角▲3六歩△4二銀▲3七銀△5三銀(途中図)▲4六銀△5四銀(基本図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 銀 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=14  △5三銀  まで
基本図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=16  △5四銀  まで

 途中図からは▲4六銀に△4四銀とするのも有力な作戦で次回に解説したい。
 先手はお馴染みの手順。対して後手は先手の銀に合わせて銀を繰り出し、△5四銀が大胆な一手。前回まで後手は穏やかな指し方を選んだものの、先手の3筋攻めに屈するところとなった。今まで後手は捌きで対応しようとしていたが難しいので、ならこちらも銀を繰り出して攻め合えばどうかというのが本記事の後手の主張。確かに攻め合いで同じくらいのダメージを与えられるなら玉に近い5筋を攻めている中飛車が良いのは理屈。では先手はどういう理屈で対抗すればいいだろうか。
 先手の方針は二つ考えられる。
①いったん5筋攻めに対応してから3筋2筋方面の突破を狙う。
②先手番らしく攻めの姿勢で、攻め合い勝ちに持ち込む。

 どちらも考えられるが、ここでは②を選んでいきたい。理由は二つ。
 まず、すぐに攻めるのが最も先手の利を生かしているということ。これは超速に限った事ではないが、将棋において手得は局面が進むごとに薄れていく。具体的に言えば、上の局面から▲7八玉△6二玉の交換はほぼ同じ価値だが、▲7八玉▲6八銀▲5八金左と△6二玉△7二玉△8二玉なら後者の価値が上だろう。後手は△5四銀まで手数をかけているので玉が近い。今が狙いどころだ。
 もう一つは、これで決まれば早いという実戦的な理由。一直線の攻め合いで勝てるならそちらを研究しておきたいところ。手が狭くなり、研究範囲から外れることも少なくなる。こちらは研究家の性ともいえばいいだろうか。ここまでノーガードにされて仕掛けないのも癪だという私の心理もあるのだが…。
 上のような理由から、先手が先制攻撃を仕掛ける順を研究していきたい。理想的な展開としては、2、3筋をどうにか突破し、後手の玉の近さを咎めきる展開だ。

基本図から▲3五歩△同歩▲同銀

基本図以下の指し手①
▲3五歩△同歩▲同銀△5六歩▲3三角成△同桂▲5六歩△6五銀(途中図)▲3四歩△4五桂▲4六銀△5六銀(第1図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩二 
手数=24  △6五銀  まで
第1図
後手:後手
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・v銀 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩 
手数=28  △5六銀  まで

 まずは、定跡から見ていきたい。▲3五歩△同歩▲同銀がこの形の定跡。3筋から自然に攻めて先手良しが定説になっている。
 後手は△5六歩と捌く。▲3三角成に△5七歩成を利かせられないのは△5一玉型のデメリット。ただ△6五銀と出た途中図は相当迫力がある。この局面に限らず、△6五銀はいつでも警戒しておきたい。それでも▲3四歩と強く催促し、△4五桂に▲4六銀と受けて歩成を残す。歩成を受けても桂を取られてしまうので、△5六銀の前進はこの一手。

第1図以下の指し手
▲4五銀△同銀▲3三歩成△5六歩▲5八歩△5五角(途中図)▲4三と△2八角成(第2図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 とv歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角v銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 歩 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 桂 
手数=34  △5五角  まで
第2図
後手:後手
後手の持駒:飛 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ と ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 歩 ・ ・v馬 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 桂 歩 
手数=36  △2八角成  まで

 ▲5八金右のような受けでは△5七歩で、▲4八金なら△3九角~△4八角成~△5八金でつぶれ。▲5九金引も△4七銀成で△4六角の筋を見せながら攻められると辛い。▲4五銀はこの一手だ。
 ▲3三歩成で駒損ながらと金を作る。これで先手良しが定説だがもう少し進めてみる。△5六歩▲5八歩を入れて△5五角(途中図)が切り返し。▲3八飛は考えられるが△5四銀で両取りが残り難しい。▲4三とで斬り合いに行く。

第2図以下の指し手
▲3三角△6二玉▲4四角成△7二玉▲5二と△同金左▲4五馬△1九馬(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:飛 銀 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 馬 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 歩 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂v馬|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 銀 桂 歩 
手数=44  △1九馬  まで

 ▲3三角から銀を回収して駒損回復。後手も△1九馬と香を回収して結果図。形勢判断をしてみよう。
駒の損得はほぼなし、駒の働きは互角、玉の堅さも大差ない。手番が先手とはいえ、これを先手良しというのも言い過ぎ。まったくの互角だろう。

基本図以下の指し手②
▲3五歩△同歩▲同銀△6二玉(第3図)

再掲基本図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=16  △5四銀  まで
第3図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=20  △6二玉  まで

 また、後手が変化する余地もある。▲3五銀と攻められているのに△6二玉が堂々とした一手。これで意外にも先手の指し手が難しい。

第3図以下の指し手

▲2四歩△同歩▲同銀△4四角▲2三銀不成(途中図)△4五銀▲7八玉△7二玉▲3七桂△3六銀▲2四飛△5六歩(第4図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀v角 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=25  ▲2三銀不成  まで
第4図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角 ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・v銀 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=32  △5六歩  まで

 放っておいては玉を逃げられるので▲2四歩は当然の攻め。▲同銀には△4四角と出る。ここで▲3五銀は△同角▲2一飛成△5一金左と進むが、5筋に後手の戦力が集まり過ぎて無理。
 ▲2三銀不成は▲3四銀成を狙ったものだが△4五銀がピッタリ。玉寄りを入れて▲3七桂から▲2四飛は▲3四銀成を狙って攻めるならこれくらいだが、強く△5六歩が成立した。

第4図以下の指し手
▲3四銀成△2二飛(途中図)▲2三歩△8八角成▲同玉△6二飛(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角 全 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・v銀 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=34  △2二飛  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 全 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・v銀 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩 
手数=38  △6二飛  まで

 ▲3四銀成を通してピッタリに見えるが、△2二飛が好手。▲同飛成なら△同角▲同角成△2八飛、▲4四角なら△2四飛▲7一角成△同金▲2四銀成△2八飛とギリギリのところで成立している。▲2三歩を打たされて結果図は激戦。▲2二歩成にも△5七歩成や△1五角があり後手も十分戦える。
 このような攻めが間に合わないなら△6二玉には攻めを自重するしかないが、あまり先手の目指す展開でもなさそう。上の理由で、既存定跡で先手良しは疑問というのが私の解釈だ。そこでここからは、代替案をあげていく。

基本図から▲3五歩△同歩▲2四歩

基本図以下の指し手③
▲3五歩△同歩▲2四歩△同歩▲7八玉(第5図)

再掲基本図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=16  △5四銀  まで
第5図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=21  ▲7八玉  まで

 ▲3五歩△同歩にすぐ▲同銀としても攻めが難しかった。▲2四歩を突き捨てていったん▲7八玉が代替案だ。
 なお▲2四歩に△同角はやりにくい。角が動くと▲2三飛成が発生するので、このタイミングで▲5六歩が機敏。△同歩▲1一角成は先手優勢だし、△4四歩も▲5五銀△同銀▲同歩△3六歩▲7八玉(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v角 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=27  ▲7八玉  まで

 このようにしてしまえば先手有利。後手は5筋の位を失い戦いようがなくなっている。

第5図以下の指し手①
△6五銀▲3五銀△5六歩▲3三角成△同桂▲5六歩(第6図)

再掲第5図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=21  ▲7八玉  まで
第6図
後手:後手
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩二 
手数=27  ▲5六歩  まで

 第5図からは△6二玉が本筋だが、△6五銀も怖く見えるので先に見ておきたい。確かに▲7八玉と薄くなった瞬間に△6五銀と出れば5筋の数は後手が上。しかし▲7八玉と遠ざかったとみれば先手のメリット。ここは先手も▲3五銀と攻め合う。放っておけば(例えば△6二玉なら)▲3四銀が厳しい。後手は△5六歩と攻める。

第6図以下の指し手
△5六同銀▲7七角△3二金▲6八銀△6二玉▲2四飛△2三歩▲2六飛(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v銀 ・ ・ 飛 ・|六
| 歩 歩 角 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩三 
手数=35  ▲2六飛  まで

 △5六同銀で△同飛は▲2三角がシンプルに厳しい。△5七飛成としても▲3四歩のほうが早い。
 △同銀には▲7七角。▲3三角成が王手で入るので手抜いて攻めることはできない。△3二金に▲6八銀が冷静で、ここを▲3四歩などすると△6七銀成▲同玉△4五角で一気に怪しくなるので注意。
 攻めが切れた後手は△6二玉くらいだが、自然に結果図まで進む。▲5四歩△同飛▲5五歩△8四飛▲5六飛△2七角▲5九金△3六角成▲3四歩のような狙いもあり、先手が相当指しやすい局面だ。△6五銀は怖くない。

第5図以下の指し手②
△6二玉▲5六歩(第7図)

再掲第5図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=21  ▲7八玉  まで
第7図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=23  ▲5六歩  まで

 △6二玉は居玉を回避して自然な手。しかし、▲5六歩!が研究手(新手?)。相手が攻めようとしている筋を突く大胆な一手だが成立している。
 後手の対応は△同歩、△7二玉、△6五銀、△3二金の4つが考えられる。順に見ていきたい。

第7図から△5六同歩

第7図以下の指し手①
△5六同歩▲3三角成△同桂▲2三角△3二金▲5六角成(第8図)

第8図
後手:後手
後手の持駒:角 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 馬 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=29  ▲5六角成  まで

 △同歩は自然でこうしたいところだが、▲3三角成~▲2三角が狙いの手順。△6二玉の瞬間なので金が浮いており、首尾よく5六の歩を回収できて馬の力が大きい。また、飛車先交換も約束されている。

第8図以下の指し手
△7二玉▲5五歩△6五角▲5七馬△5五銀▲同銀△同飛▲6六馬(途中図)△4五飛▲4六銀△4七角成▲4五銀△同桂▲5八金右△1四馬▲5六馬△4四歩▲4一飛(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・v角v飛 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 馬 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 
手数=37  ▲6六馬  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:銀二 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ 飛 ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩v馬|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 馬 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=47  ▲4一飛  まで

 △7二玉は自然だが、▲5五歩と打ちほぼ一本道で結果図まで進み先手良し。となれば△7二玉では△5五歩だが、▲6六馬で局面が収まり馬得の先手が良し。先手が無条件で馬を作れるようでは後手はダメそうだ。

第7図から△7二玉

第7図以下の指し手②
△7二玉▲5五歩(第9図)

再掲第7図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=23  ▲5六歩  まで

第9図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=25  ▲5五歩  まで

 取れないとなれば△7二玉は仕方ないが、▲5五歩と取る。この手は大きく、▲5四歩と決戦を挑む手がいつでもあり先手が主導権を握る展開となる。
 5五の数は後手が勝っているので、△5五同銀と△6五銀が考えられる。ただし、△5五同銀は簡単に先手が良くなる。

第9図以下の指し手①
△5五同銀▲3四歩△4四角▲2四飛△4六銀▲4四角△同角▲2一飛成(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:角 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ 龍v香|一
| ・ ・v玉 ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・v銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 桂 歩 
手数=33  ▲2一飛成  まで

 △5五同銀には▲3四歩が痛打。△2二角と引くと▲2四飛で▲5五銀を狙われひどい。△4四銀には▲5三歩だ。
 本譜は△4四角だがやはり▲2四飛がきつい。結果図となって先手が優勢だ。△3二銀には▲1一竜で▲4六歩と▲3三歩成を狙える。

第9図以下の指し手②
△6五銀▲3七桂△4二角▲5四歩△同銀▲1一角成△3六歩▲4五桂(第10図)

第10図
後手:後手
後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂 馬|一
| ・ ・v玉 ・v飛v角 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:香 歩 
手数=33  ▲4五桂  まで

 △6五銀には▲3七桂と活用する。△7六銀のような手なら▲4五桂△4四角▲2四飛△2二歩▲5四歩(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v飛 ・ ・v歩 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 歩v角 ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂v歩 ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=33  ▲5四歩  まで

で先手優勢。また、▲4五桂を嫌って△4四歩と突くのは▲2六飛と浮いて有利といえるほど先手が指しやすい。後手は大駒が働かないし、△7六銀には▲3五銀があるので動くこともできない。▲3七桂に△4四角も▲2四飛△2二歩▲5四歩と先手が勝負を仕掛けて有利。
 △4二角は▲4五桂の当たりを避けた手だが△6四角と出ても何ともないのがつらいところ。香取りに▲5四歩と突く。△3三角と防げそうだが▲同角成△同桂▲2四飛△2二歩▲5三歩成があるのでできない。香を取らせて△3六歩が勝負手段だ。

第10図以下の指し手
△4五銀▲同銀△3七歩成▲2九飛△5七桂▲6八金直△3三桂(途中図)▲3四銀△4九桂成▲3三銀成△5九飛成△4二成銀△同金▲8六香(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ ・ 馬|一
| ・ ・v玉 ・v飛v角 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v桂 歩vと ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ 金 ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 香 歩 
手数=40  △3三桂  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:金 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 香 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩vと ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・v龍v圭 ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 銀 桂 歩 
手数=47  ▲8六香  まで

 △4五銀では△3七歩成もありそうだが▲5三歩が利くのでダメ。
 桂を食いちぎって歩を成ったときに飛車の逃げ場所が難しい。▲1八飛や▲6八飛も有力だが本譜は▲2九飛とした。
 △5七桂から△3三桂は手順が大事で、前後して△3三桂▲3四銀△5七桂は▲3三銀成が利く。
 △3三桂に▲3四銀では▲5三歩も有力。以下は△同飛▲5四香△4五桂▲5三香成△同角▲5四銀(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:銀 香 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ ・ 馬|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v角v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v桂 歩vと ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ 金 ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 
手数=47  ▲5四銀  まで

のような将棋でこれもいい勝負。飛車を持っている分だけ先手が勝ちやすそうで、むしろこちらを選ぶべきかもしれない。
 本譜は一直線の手順で結果図。放っておけば▲8三香成~▲7五桂~▲8三角~▲6三桂成~▲6三角成があるが、△7四銀と粘る手もある。▲6六馬とひきつけるなどして、先手良しながらこれからの将棋だ。

第7図から△6五銀

第7図以下の指し手③
△6五銀▲5五歩△7六銀▲3四歩△4四角▲2四飛(途中図)△2二飛▲同飛成△同角▲2八飛△3一金(第11図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角 歩 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=29  ▲2四飛  まで
第11図
後手:後手
後手の持駒:飛 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・v金v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=34  △3一金  まで

 △7六銀で△7二玉なら前の手順に合流するが、△7六銀と取ってみる。これはプレッシャーをかける意味で、例えば先ほどと同じように▲3七桂もあるが△3六歩▲4五桂△3七歩成▲同銀△5五角▲同角△同飛▲4六銀△8五飛(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・v飛 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩二 
手数=36  △8五飛  まで

のような展開がいやらしい。狙われる桂は跳ねず▲3四歩から飛車を捌きに行く。
 ▲3四歩に△4四角は当然で△2二角なら▲2四飛△3二金▲5四歩が厳しい。また△2二飛で△2二歩のような受けはやはり▲5四歩が厳しい。△2二飛は強気な受けだ。
 ▲2八飛で▲2三飛も見えるが△3二金▲2八飛成△8五飛(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・v飛 ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 龍 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=36  △8五飛  まで

で後手も竜を作れる。▲2八飛と打つのが好手だ。

第11図以下の指し手
▲5四歩△8八角成▲同玉△5二歩▲7八銀(結果図)

再掲第11図
後手:後手
後手の持駒:飛 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・v金v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=34  △3一金  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:飛 角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・v金v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v歩 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 銀 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩 
手数=39  ▲7八銀  まで

 ここで▲5四歩と突けば後手陣は隙だらけ。角交換から△5二歩と受けさせて▲7八銀がぴったりの一手。結果図は攻めるなら▲7五角や▲2三飛成、受けるなら▲7七歩もあり先手有利。△2七歩なら▲5八飛が幸便だ。

第7図から△3二金

第7図以下の指し手④
△3二金▲5五歩(第12図)

再掲第7図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=23  ▲5六歩  まで
第12図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=25  ▲5五歩  まで

第7図では△3二金の備えが後手の最後の手段だ。▲5五歩に△同銀と△6五銀を順に調べていく。△3二金に代えて△7二玉の先述の変化とは違った手順になる。

第12図以下の指し手①
△同銀▲同銀△同角▲同角△同飛▲6六角△5一飛▲1一角成△2二銀(第13図)

第13図
後手:後手
後手の持駒:角 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v飛 ・ ・v桂 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v銀 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 香 歩 
手数=34  △2二銀  まで

 △同銀に先ほどは▲3四歩だったが、▲2四飛と走れても△2三歩で何ともない。△3二金の効果だ。よって▲5五同銀とする。これに△同飛は後述する。
 本譜は△同角。▲同角△同飛に▲6六角から▲1一角成として香得の先手が良いが、そう大差ではない。
 ▲1一角成には馬に当てて△3三桂も有力に見える。▲1二馬なら△5五角という意味だが、そこで▲2四飛と走って大丈夫。△9九角成には▲8八銀で怖くない。また、▲1二馬に△2三銀▲1三馬△1二歩と馬を取りに来るのも▲5二歩(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v飛 ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 歩 ・v金 ・v歩|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂v銀 馬|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 香 歩 
手数=39  ▲5二歩  まで

が痛打。△同金なら▲2三馬△同金▲5四歩で後手つぶれだし、△同飛は▲2四馬△同銀▲同飛が先手になる。△2三歩なら▲1四飛△2二金▲5三歩だ。

第13図以下の指し手
▲3四香△3三桂▲同香成△同銀▲同馬△同金▲4二銀(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:角二 香 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v飛 ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・ 銀 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v金 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 桂 歩 
手数=41  ▲4二銀  まで

 △2二銀は▲1二馬には△2三銀という意味。先の変化と同じく▲5二歩は△同金で一歩がなく大したことがない。▲3四香が正着だ。
 △1一銀▲3二香成△5五角はやはり▲2四飛で先手良し。となれば△3三桂はこの一手だが、一直線で結果図まで進み先手良し。以下△5七飛成▲3三銀成△5五角には▲4六銀、△5七飛成で△5六飛なら最後▲4六金、△5四飛なら▲4五金。また結果図でひねって△2一飛(▲2四飛の防ぎ)なら▲1二銀でこれも先手良しだ。

第12図以下の指し手②
△5五同銀▲同銀△同飛▲3四銀△5四飛▲3三角成△同桂▲2一角(第14図)

再掲第12図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=25  ▲5五歩  まで
第14図
後手:後手
後手の持駒:角 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ 角v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ 銀v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=33  ▲2一角  まで

 第12図まで戻り△5五同銀▲同銀に△同飛を調べる。▲同角は△同角で▲2四飛は△3三角打でダメ。
 根元の角を責めるが▲3四歩は△4四角▲2四飛△2三歩で大したことはない。△3二金に対応して▲3四銀と重く置くのが良い。これなら、△4四角には▲2四飛△2二歩▲3三歩(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v歩 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 歩 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角 銀 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・v飛 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=33  ▲3三歩  まで

でつぶれ。△同桂は▲2三歩だ。
 また△5七飛成のような手なら▲3三銀成△同桂▲3四歩で先手優勢。そこで△5四飛と3四に利かせて受ける。これで▲3三銀成には対応したが、▲3三角成~▲2一角が意表の好手順だ。

第14図以下の指し手
△4二金▲4三銀不成△5一飛▲2四飛△2一飛▲同飛成△4三金▲3四歩(結果図)

再掲第14図
後手:後手
後手の持駒:角 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ 角v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ 銀v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=33  ▲2一角  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角二 銀二 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ 龍v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v金v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 歩二 
手数=41  ▲3四歩  まで

 第14図で△6四角は▲2四飛△4二金▲2三飛成で先手優勢。△4二金は仕方ないが▲4三銀不成が入った。以下結果図まで後手も切り返したが先手優勢。飛車と角銀の交換でも二枚飛車が強力。先手は寄りにくい格好だ。

第12図以下の指し手③
△6五銀▲3七桂△4四角▲4五桂(第15図)

再掲第12図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=25  ▲5五歩  まで
第15図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・v銀 歩 桂v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=29  ▲4五桂  まで

 △6五銀に▲3七桂の活用は先ほどと同じ。ここでも△7六銀は利かず、▲4五桂△4四角▲2四飛△2三歩▲3四飛△3三桂▲5四歩(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 歩v角 飛 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂v歩 ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=35  ▲5四歩  まで

で先手優勢。また△4二角は▲5四歩で先手優勢。▲1一角成とさせる展開は△3二金型との相性が悪すぎるし、△7二玉が入っていないので▲5四歩がより厳しくなっている。また△4四歩は▲2六飛で先手指しやすいのも先ほどと同じだ。
 ここでは先ほど有力ではなかった△4四角が有力になる。▲2四飛には△2三歩と打てるからで、▲3四飛△3三金の展開は先手に不安が残る。一手▲4五桂と溜めるのがポイントだ。

第15図以下の指し手
△3三桂▲2四飛△2三歩▲3四飛△4二金▲5四歩(途中図)△4五桂▲3一飛成△5七桂打▲4四角△同歩▲7五角△6四角▲同角△同歩▲5九金右△6九桂成▲同金(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 歩v角 飛 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ 桂v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=35  ▲5四歩  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ 龍 ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v飛v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・v桂v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 桂 歩二 
手数=47  ▲6九同金  まで

 △3三桂で△7六銀なら今度こそ▲2四飛が刺さり、以下△2二歩でも△2三歩でも▲3四飛△3三桂▲5四歩で先手優勢。本譜は△4二金と▲5四歩に備えたがそれでも▲5四歩が成立する。
 途中△6四角で△6九桂成なら▲4二角成で先手優勢。6三に空間を開けることで▲1一竜などが先手になっている。
 結果図は金を取られたが後手が駒不足で先手優勢。先手だけ捌けた飛車が光っている。

 本記事では超速に対するゴキゲン中飛車△5四銀型を研究した。一般的にはさらっと流される変化だが、調べてみると難しい。ポイントは後手の手の遅れを咎めることで、それを強いる▲5六歩が好手。△同歩なら▲3三角成~▲2三角で良いし、▲5五歩型になれば▲5四歩が切り札になる。
 あまり知られていない有力手段なので、後手を持ってみるのも面白いかもしれない。
 これまで見過ごされがちながら大事な変化を調べてきたが、次回からはとうとうよく指されている変化を調べていきたい。次回はいわゆる銀対抗と呼ばれる形を研究する。
 次回…ゴキゲン中飛車⑥~銀対抗前編 あず流の新機軸~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする