ゴキゲン中飛車⑥~銀対抗 後手金美濃編 あず流の新機軸~

 今回もkifファイルをこちらに用意しているので、ダウンロードして見ながら読み進めるのをオススメします。スマホからなら、盤駒を用意するのをオススメします。

 これまでゴキゲン中飛車VS超速の様々な攻防を見てきた。そしてどの形でも言えたのは、先手からの2、3筋方面への攻めが厳しかったということである。銀を素早く繰り出す超速に、後手は捌きでも早さでも勝てなかった。そこで、今回扱う形が出てくる。

基本図までの指し手

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角▲3六歩△4二銀▲3七銀△5三銀▲4六銀△4四銀(銀対抗基本図)

銀対抗基本図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=16  △4四銀  まで
*銀対抗基本図


 後手も先手と歩調を合わせて銀を繰り出すのは前回(△5四銀型)と同じ。そこで△4四銀と先手と同じ位置に銀を置くのが後手の工夫だ。銀が向き合っていることから銀対抗と呼ばれている。プロアマ問わず多く指されている形だ。
 △4四銀は先手の速攻を避ける意味。前回まで強敵だった▲3五歩△同歩▲同銀のような手順を消していて、じっくりした戦いにできそうだ。反面銀が角の利きを遮断しているので、捌きづらく消極的な面もある。さて、居飛車はどのように指すべきだろうか。具体的には、急戦策を選ぶか持久戦策を選ぶか。

 急戦策、持久戦策の仮想局面を並べてみる。それぞれ分析してみよう。

 急戦策仮想図の分析
急戦策仮想図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=30  △3二金  まで

 後手の弱点である角頭は△4四銀によって守られた。となれば、ゴキゲン中飛車のもう一つの特徴である△5五歩を伸びすぎと捉え咎めに行くのは自然な考え方。後手は4四銀が角道を閉ざしており△5六歩(目標になっている△5五歩を捌く)とやりにくい。これは△4四銀型のデメリットだ。
 また、▲6六銀とプレッシャーをかけることによって△3三角を釘づけにしている。この角が動くと▲5五銀と5五の歩を取られてしまう。そして角が動けないことにより、後手は△3三桂と跳ねにくい。対して先手は▲3七桂と跳ねられるし、その分▲4五桂や▲4五銀といった仕掛けのタイミングを握っており、つまりは主導権を得られる。それらの仕掛けに対応するために後手は△3二金と備えるしかなく、超速ながら先手の方が守りの駒の数が多く、玉の薄さがぼやけている。5五の歩が見事に負担になっており、十分棋理に合った指し方といえる。
 こう書くといいことばかりのようだが、実戦的なデメリットはある。先手が先攻しても後手にうまく対応された場合、飛車の位置と玉の遠さがそのまま速度計算に現れる。つまり、先手が右辺を攻めていても、後手のカウンターは先手の玉頭付近に飛んでくる。先手は二枚銀の厚みを活かした丁寧な仕掛けが要求されるといえそうだ。

 持久戦策仮想図の分析
持久戦策仮想図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 角 金 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=30  △7一金  まで

 △4四銀は仕掛けを防ぐために仕方ないが、△5五歩と相まって角筋を閉ざす悪形。それを後手からほぐす手段が難しいので、ならば玉を堅く囲ってしまおうというのが持久戦策だ。
 △5五歩のせいで少し囲いづらい上後手も穴熊に組むので囲い堅さはそう変わらないが、やはり先手だけ桂が使えるのは魅力で主導権を握りやすい。また▲8六角の揺さぶりがあるのこともそれを助長させている。絶対的な玉の堅さから反撃が刺さりにくく、主導権を持つことがより大きなアドバンテージとなっている。

 急戦・持久戦ともに有力。どちらを選ぶかは非常に難しいが、私は急戦を選びたい。研究ブログとしては、変化が少なく研究しやすい急戦の方がやりやすいのだ。上のようなことをもとに解説を進めていく。

銀対抗基本図からの指し手
▲7八銀△6二玉▲7七銀△7二玉▲6六銀△8二玉▲7八玉△7二金▲5八金右△5一飛▲9六歩△9四歩▲3七桂△3二金(基本図)

基本図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=30  △3二金  まで

 長手数進めたが、手順はシンプル。▲7八銀~▲7七銀~▲6六銀と銀を押し上げてから悠々と玉形を整え、▲3七桂で準備完了。後手も玉形を整え△3二金と備える。この図は上にあげた急戦策基本図と同じで、本記事の基本図とする。基本図はプロでも課題のひとつといえる局面で、ここまでに後手が変化する手順は次回に回したい。

 さて、基本図でプロでもよく指されているのは、▲1六歩(▲1五歩)や▲2九飛として▲4五桂と跳ねる仕掛けや、▲2六飛から▲4五銀という仕掛け。検討を始めるにあたって、これらについては下の棋書を大いに参考にさせてもらった。

 棋書を多く著していることで知られる杉本七段の棋書で、特に銀対抗の変化を詳しくまとめてある。良書なのでゴキ中党の方はぜひ一度手に取ってみてほしい。
 話はそれたが、残念なことにこれらの変化を調べた結果、居飛車良しと断言することはできなかった。そこで、悩んだ末にたどり着いたあず流の新機軸を解説していきたい。並の相手なら対応できないこと間違いなしである。

基本図から▲1六歩△6二銀▲9七角

基本図以下の指し手①
▲1六歩△6二銀▲9七角(第1図)

第1図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲9七角  まで

 ▲1六歩はどこかでの△1五角を防ぐ居飛車の税金。そして△6二銀に▲9七角が新発想の一手。△6四歩の進展を防ぎつつ、またこの一手によって格段に後手陣を攻めやすくなるのだ。まずはわかりやすく効果を見てもらいたい。

第1図から△1四歩

第1図以下の指し手①
△1四歩▲4五桂△2二角▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛△3三桂▲8六角(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀 飛 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・v歩 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=43  ▲8六角  まで

 △6四歩と突けないので△1四歩は普通の手だが▲4五桂が機敏。△4二角は▲同角成~▲2四歩とし、△同歩▲同飛△3二金に▲2三角と叩き込んで先手優勢。これではひどいので△2二角に、飛車先を交換する。そこで△3三桂が捌きの手筋だが、それなら▲4二角成(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ 馬v金v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 飛v歩|四
| ・ ・ ・ ・v歩 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=41  ▲4二角成  まで

で先手優勢。仕方ない△2三歩▲3四飛△3三桂の進行に悠々と▲8六角と出て結果図。△3三桂・△3二金の愚形の上、▲8六角のせいで後手は身動きが取れず(△4二金は▲同角成、△6四歩には▲同角)、5筋を交換しても▲5三歩のような筋がある。後手の劣勢は明らかだ。

第1図から△5六歩

第1図以下の指し手②
△5六歩▲同歩△同飛▲4五桂△2二角▲2四歩△同歩▲2三歩△3一角▲同角成△同金▲2四飛△3三桂▲2二歩成△4五桂▲3一と(結果図)

再掲第1図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲9七角  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ と ・v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀v飛 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 金 歩 
手数=49  ▲3一と  まで

 △5六歩と5筋を交換するのもひどいことになる。
 ▲4五桂に△4二角はやはり▲同角成~▲2四歩だし、△5一角は▲6五銀△5二飛▲5三歩(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v角 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀v飛 ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 銀 ・ 桂 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| 角 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=41  ▲5三歩  まで

でさらにひどいことになる。
 △2二角に▲2四歩△同歩で▲2三歩が手筋。△同金は▲4二角成と無条件で馬を作られてしまう。△3一角にも結果図まで進めて先手優勢だ。

 さて、これにて▲9七角で先手良し…と行きたいところだが、後手には最有力の手段が残されている。それが、▲9七角に△9五歩とシンプルに角を責める手だ。

第1図から△9五歩

第1図以下の指し手③
△9五歩▲4五桂△9六歩▲3三桂成△9七歩成△3二成桂△8七と▲同玉△9九香成▲7七桂△5四飛(結果図)

再掲第1図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲9七角  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・ 圭 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v飛v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 玉 桂 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
|v杏 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 金 歩 
手数=44  △5四飛  まで

 △9五歩には▲同歩が本筋だが▲4五桂も考えられる手で先に考えてみたい。△9六歩に▲3三桂成と強く踏み込む狙いだが、結果図まで進み先手がまとめにくいのは明らか。とても先手を持つ気はしないだろう。それでは本筋を解説する。

第1図以下の指し手④
△9五歩▲同歩△同香▲4五桂△同銀▲同銀△9七香成▲同香△9三歩(第2図)

再掲第1図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲9七角  まで
第2図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 香 歩 
手数=42  △9三歩  まで

 △9五歩には▲同歩が本筋。角を取らせても香が後手陣を睨んでいる。
 ▲4五桂に△9七香成は▲3三桂成△8七成香(△同桂▲9七香は本手順より損)▲同玉△3三桂▲9一角△7一玉▲9三歩(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 角v桂v玉 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| 歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 玉 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:香 
手数=45  ▲9三歩  まで

で先手優勢。また、▲4五桂に△2二角も▲2四歩△同歩▲2三歩が厳しい。△4五同銀と食いちぎる一手だ。
 ▲4五同銀にこのあたりで角を取るところ。第2図となって駒割りは角桂と銀香の交換。先手は駒損だが食いつけるか。この手番が重要だ。

第2図以下の指し手①
▲5四香△5三銀▲同香不成△同飛(第3図)

第3図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v飛v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀二 歩 
手数=46  △5三同飛  まで

 ▲5四香はパッと見える筋。困ったようだが△5三銀が力強い一手。第3図まで進んで角桂と銀銀の交換でつり合いは取れている。△5一飛と立て直されると△5六歩~△3七角のような筋も見えて忙しいので、ここで手番を握る先手が上手く指したいところだが…。

第3図以下の指し手①
▲3四銀△4二角▲2四歩△同歩▲2二歩△3三桂▲2一歩成△8四香(途中図)▲3一と△5四飛▲8八銀打△3一角▲2四飛△9七角成▲同桂△9六桂(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・ とv香|一
| ・v玉v金 ・ ・v角v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v飛v歩v桂 ・v歩|三
| ・v香 ・ ・ ・ ・ 銀v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀二 歩 
手数=54  △8四香  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・v香 ・ ・v飛 ・ 銀 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
|v桂 ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 桂 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 銀 歩二 
手数=62  △9六桂  まで

 ▲3四銀は自然な攻め。と金を作って好調に見えるが後手も△8四香(途中図)と急所に香を設置する。これは狙いを秘めた一手で、例えば▲1一とのような手だと△5四飛▲3三銀成△8七香成▲同玉△8四飛(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ と|一
| ・v玉v金 ・ ・v角v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 全 ・v歩|三
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 玉 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀二 桂 香二 歩 
手数=60  △8四飛  まで

で一気に後手優勢になる。
 ▲3一とが鬼手。対して後手は△5四飛がそつのない利かし。▲3二とにはやはり△8七香成が厳しいので▲8八銀打と受ける。
 △3一角と戻してと金が消え先手が大損のようだが▲2四飛と走る。ここで▲3一と△同角を利かしていないと△4五桂(飛車取り)があったが今は▲3五歩で大丈夫。また▲2一飛成とダイレクトで飛車を成る手も見ている。先手が一本取ったか。
 しかし、△9七角成がまたもや鬼手。▲同銀だと△2三歩▲3三銀不成(▲2三同銀成もほぼ同じ展開)△2四歩▲3二銀成△9五桂(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:飛 角 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・ 全 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・v香 ・ ・v飛 ・ ・v歩 ・|四
|v桂 ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 銀 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 金 銀 桂 歩二 
手数=66  △9五桂  まで

が厳しい。▲9六銀打なら8七で清算して△9九飛と打たれる。これは後手の攻めが繋がる。
 △9七角成に▲同桂も△9六桂と食らいつかれて結果図。△2三歩と打って飛車を持ち駒にする筋もあり、形勢はまだまだでも攻められている先手がかなり勝ちにくい将棋だ。

第3図以下の指し手②
▲2四歩△同歩▲2二歩△2五香▲同飛△同歩▲5四香(第4図)

再掲第3図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v飛v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀二 歩 
手数=46  △5三同飛  まで
第4図
後手:後手
後手の持駒:飛 角 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 歩 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v飛v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 香 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・v歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀二 
手数=53  ▲5四香  まで

 第3図から別の指し方を考えてみる。
 ▲2四歩△同歩に▲2二歩は軽手。△同角なら▲2四飛、△同金なら▲5四銀打の意味だが△2五香が厳しい。▲4八飛△2二角のようになると何をやっているかわからないので▲同飛から▲5四香は当然。飛車は取れそうだが…。

第4図以下の指し手
△9八飛▲8八銀打△9九角▲7七銀打△8八角成▲同銀△9九銀▲7七角△5四飛▲同銀△8四桂(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 歩 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・v桂 ・ ・ 銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 角 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
|v飛 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
|v銀 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 
手数=64  △8四桂  まで

 △9八飛の王手が厳しい。ほぼ一直線で結果図まで進んで後手優勢。▲9七香が祟っている。
 このように、第3図は先手が良く出来そうに見えたが案外手段が難しい。第2図まで戻って別の手段を探してみる。

第2図以下の指し手②
▲2四歩△同歩▲2二歩△同角▲5四香△3一飛▲5二香成(第5図)

再掲第2図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 香 歩 
手数=42  △9三歩  まで
第5図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 杏 ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 
手数=49  ▲5二香成  まで

 ▲5四香に代えて▲2四歩~▲2二歩が工夫の手順。これなら香を渡していないので△2五香がない。
 ▲2二歩に△5六歩や△3七角も一考だが△同角を本手順とした。これには▲5四香と打つ。ここで先ほどと同じように△5三銀と対応すると▲同香不成△同飛▲2四飛で先手満足な展開。なので△3一飛と逃げる。
 ▲5二香成で先手成功のようにも見えるが。

第5図以下の指し手
△5六歩▲2四飛△5一銀(第6図)

第6図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・v銀 ・v飛v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ 杏 ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀v歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=52  △5一銀  まで

 △5六歩と突き捨てる。これを▲同歩や▲同銀も考えられるがそれでも△5一銀とぶつける。▲5三成香は△6四角(これが△5六歩の意味)なので▲同成香△同飛と進むが、そうなると△5三銀▲同香不成△同飛から△5一飛を突き捨てだけで指したのと同じ。こうなると先手陣の角打ちの隙が目立つ。
 本譜は△5六歩を取らずに▲2四飛。△5七歩成は好きな時に利くので、これにも△5一銀とぶつける。▲2四飛の形なら▲5三成香も考えられる。どうするか。

第6図以下の指し手①
▲5三成香△3三角▲2九飛△2八歩▲4九飛△5七歩成▲同金△5二歩▲5四成香(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・v銀 ・v飛v桂v香|一
| ・v玉v金 ・v歩 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 杏 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 金 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・v歩 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩二 
手数=61  ▲5四成香  まで

 ▲5三成香に△6四角は先ほどの順だが今度は飛車当たりではないので▲5四銀で先手優勢。よって△3三角とする。
 △3三角に▲3四飛は△5七歩成▲同金△5二歩▲5四成香△2三金(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・v銀 ・v飛v桂v香|一
| ・v玉v金 ・v歩 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v金v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 杏 ・ 飛 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 金 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩三 
手数=60  △2三金  まで

で後手良し。先手は飛車の打ち込みに弱い。
 △3三角には▲2九飛と下がるが△2八歩と追撃。▲同飛は△6四角なので横に逃げるが△5七歩成~△5二歩▲5四成香で▲5四銀を消して結果図。成香が手厚いようにも見えるが後手も馬を作って飛車をいじめる楽しみがある。お互いに手がわかりづらく、形勢不明としておくのが妥当だろう。

第6図以下の指し手②
▲5一同成香△同飛▲4二銀△7一飛▲5三銀成△3三角▲2七飛△2六歩▲2九飛△5一香(結果図)

再掲第6図

後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・v銀 ・v飛v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ 杏 ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀v歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=52  △5一銀  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v飛 ・v香 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 全v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀v歩 ・ 歩v歩 歩|六
| 香 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=62  △5一香  まで

 続いて▲5一同成香の変化。▲4二銀に代えて▲5六歩と普通にするのは、△2三歩▲2九飛△3八角とされて先手が嫌な展開。▲2四飛の一手を活かすなら▲4二銀だ。もちろん取れないので△7一飛に▲5三銀成。後手も△3三角と飛車の行き場所を尋ねる。
▲3四飛もあるが、先手陣は△5七歩成があって飛車に弱く、△4二桂▲3五飛△2六角のような手順が気になる。また▲2九飛も△2八歩(▲同飛は△6四角)で横に動かされる。そこで▲2七飛だが△2六歩が利いた。▲同飛なら△4四角打と強引に成銀を回収されて先手自信なし。▲2九飛に△5一香と打った結果図は形勢不明。▲6二銀と繋ぐくらいだが、△5三香▲7一銀不成△同玉で攻めが難しい。後手の方が楽しみが多そうな局面だ。

 以上の検討から、▲9七角には△9五歩で後手持ちの展開になることがわかった。そこで、先手は工夫をしていきたい。

基本図から▲9七角△9五歩

基本図以下の指し手②
▲9七角△9五歩▲同歩△同香▲4五桂△同銀▲同銀△1五角(第7図)

再掲基本図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=30  △3二金  まで
第7図
後手:後手
後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
|v香 ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩v角|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=38  △1五角  まで

 基本図から▲1六歩△6二銀▲9七角を調べたが、△9五歩で先手が不満の展開だった。▲1六歩を入れずに▲9七角が先手の工夫。△1五角は生じたが、一手早めることで△6二銀と指させず、端を逆襲させにくくしている。とはいえ、△6二銀などとしていると▲4五桂で後手崩壊は先ほどとほぼ同じ。△9五歩はこの一手だ。
 途中までは先ほどと同じだが、△1五角が▲1六歩と指していないのを咎めた一手。先手はどうするか。

第7図以下の指し手
▲2四歩△同角▲3四銀(第8図)

第8図
後手:後手
後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀v角 ・|四
|v香 ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩二 
手数=41  ▲3四銀  まで

 ▲2四歩で▲3八飛と△3七角成を受けるのも普通だが、△6二金と手を渡されて指し手が難しい。また▲2七飛はのちに角打ちの隙が大きい。ここでは▲2四歩が好手だ。
 ▲2四歩に△同歩は▲2六銀で先手良し。また△3七角成は▲2三歩成△2八馬▲3二と(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:飛 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・ と ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
|v香 ・ ・ ・v歩 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・v馬 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=43  ▲3二と  まで

でこれは先手優勢。飛車を下ろされても怖くないし、△9七香不成とされても▲同桂が△9八飛の隙を与えない取り方。いずれにせよ後手は端が負担だ。
 本譜は△2四同角。対して▲3四銀と一歩補充するのを本手順としたが、代えて▲9三歩とし、△同桂に▲3一角成!△同飛▲9五香(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・v銀 ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v桂v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v角 ・|四
| 香 ・ ・ ・v歩 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・ 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 香 
手数=45  ▲9五香  まで

という派手な変化もある。以下△9四歩▲同香△9二歩と進みそうで、後手の駒の働きが悪いので先手も戦えるか。
 ▲3四銀の一歩補充はこの変化を厳しくする狙い。たとえば△6二銀なら、▲9三歩△同桂▲9四歩で簡単に先手良し。△8五桂なら▲7五角だ。

第8図以下の指し手
△8五桂▲3一角成△9九香成▲3二馬△8九成香(第9図)

再掲第8図
後手:後手
後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀v角 ・|四
|v香 ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩二 
手数=41  ▲3四銀  まで
第9図
後手:後手
後手の持駒:桂 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・ 馬 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀v角 ・|四
| ・v桂 ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・v杏 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=46  △8九成香  まで

 第8図では後手もいろいろな手がある。△9七香不成は▲同香なら△9三歩で難しいが▲同桂として次の▲8五桂の味がいい。壁銀が利いている。また△5六歩▲同歩△同飛も▲4五銀が味良く先手良し。▲5三歩のような手も利く。
 △9二歩は有力。△9七香不成▲同香(同桂)の変化に備えたものだが、▲8八角と香をぶつける。以下△9九香成▲同角(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:桂 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
|v歩v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀v角 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 角 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 香 歩二 
手数=45  ▲9九同角  まで

と進み、先手陣も隙が多いが攻め手がわかりやすい。先手が少し指しやすそうだ。
 ひねった手にも見えるが△8五桂を本手順とした。これに▲8八角は△9八歩、▲8六角は△9九香成なので▲3一角成と突っ込むのはこの一手。対して△同飛は▲9五香△9三歩▲8六歩で先手指せるので後手も△9九香成と突っ込む。第9図はどうなっているか。

第9図以下の指し手
▲9三歩△9一香▲2三馬△1五角▲8六銀△3七角成▲2四飛△5六歩▲同歩△同飛(結果図)

再掲第9図
後手:後手
後手の持駒:桂 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・ 馬 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀v角 ・|四
| ・v桂 ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| ・v杏 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=46  △8九成香  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| 歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ 馬v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 飛 ・|四
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 銀 歩 銀v飛 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・v杏 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:金 歩三 
手数=56  △5六同飛  まで

 第9図で▲8九玉は△7七桂打があり指しにくい。▲9三歩は狙い筋だが△9一香と耐える。結果図までは自然な進行だが、なかなか8九の成香を切り取れない展開で、先手は神経が磨り減る戦いになりそうだ。

 このように、基本図ですぐに▲9七角はそれなりに有力。しかし、△9五歩からの反撃は怖い。なにより、先手が主導権を握っていたのに、△9五歩と仕掛けられてしまっては先手は急がざるを得ない。先手としては、仕掛けをちらつかせながら後手の駒組みを牽制し、一番いい条件で仕掛けたい。そのためには▲9七角の構想は適さない。どう解決するか悩んだが、そこでとっておきの作戦を発見する。

基本図から▲7七角

基本図以下の指し手③
▲7七角(第10図)

第10図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=31  ▲7七角  まで

 あず流▲7七角が先手最強の一手だ。ぜひ記憶願いたい。
 初見なら、「玉の逃げ場所を増やした玉形整備の一手」くらいにしか思わないだろう。しかし、ここまで当記事を読んできた方にとっては、違う狙いを持った一手に映ることだろう。

第10図から△6二銀

第10図以下の指し手①
△6二銀▲8六角(第11図)

第11図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲8六角  まで

 △6二銀はごく自然な一手だが、▲8六角が狙いの一手。このラインで後手の駒組みを牽制する狙いで、▲9七角としなかったおかげで△9五歩がない。主導権を先手のものにしている。第11図はもはや先手有利といっても過言ではない。だからこそ、ここで先手の仕掛けのパターンをしっかりと理解しておきたい。
 第11図で後手は手が難しい。例えば自然なのは△1四歩だが▲1六歩と受け、△1二香にも▲6八金右としておけば先手が得な交換。これらの交換が入ってもそのあとの展開はほぼ変わらないので、実質後手の選択肢は、①△2二角②△1四歩③8四歩④△5六歩⑤△5三銀といったところになる。順に見ていきたい。

第11図以下の指し手①
△2二角▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛△3三金(第12図)

第12図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v金v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀 飛 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=40  △3三金  まで

 △2二角はあらかじめ▲4五桂のあたりをさける意味で、定跡でもよく出現する一手。▲2四歩から仕掛けるが、▲4五桂と跳ねていないせいで△3三金が発生した。通常ならこれで先手ダメとしたものだが…。

第12図以下の指し手
▲4四飛△同金▲4二角成△7一飛▲4五桂(途中図)△3一角▲5二馬△5一銀▲5三桂成△5二銀▲同成桂△2九飛▲7七銀(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:飛 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v飛 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ 馬 ・v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩二 
手数=45  ▲4五桂  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v飛 ・ ・ ・v角v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ 圭 ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・v飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀二 歩二 
手数=53  ▲7七銀  まで

 ▲4四飛が成立した。△同金に▲4二角成が生じているのが定跡形との違いだ。△4四同金に代えて△同歩も▲4二角成△7一飛▲2五桂で大差ない。
 先手陣を飛車一枚で攻略するのは難しい(▲3七桂と活用している効果でもある)が、後手陣は飛車が入るともろい。△7一飛は仕方ないが▲4五桂が好調。△3一角にも▲5二馬が冷静で▲6一銀を狙う。△5一銀にも結果図まで進めて先手優勢。▲7七銀は△8八角を消した手堅い一手だ。後手は▲6一銀の攻めを上回る手段がない。

第11図以下の指し手②
△1四歩▲1六歩△2二角▲2四歩△同歩▲同飛△1三角(途中図)▲2六飛△2三歩▲1五歩△5六歩▲1四歩△4六角▲同歩△5七歩成▲同金△5六歩▲4七金(結果図)

再掲第11図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲8六角  まで
途中図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v角|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 飛v歩|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=40  △1三角  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ 歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 角 歩 銀v歩 歩 歩 飛 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩三 
手数=51  ▲4七金  まで

 第11図から△1四歩▲1六歩を入れてから△2二角という手段もある。2筋交換に△2三歩なら先ほどと変わらないが△1三角(途中図)が狙いの一手。同じように▲3四飛は△3三銀とされ、これは先手が飛車を取られて後手陣に隙が無い。これは後手有利。
 △1三角には飛車を引くのが冷静で、△2三歩に▲1五歩と攻める。この変化があるので、△1四歩には即座に突き返したほうがわかりやすい。角を銀と刺し違えて攻めようと△5六歩に▲1四歩が強手。結果図は後手の攻めが切れ先手優勢だ。

第11図以下の指し手③
△5六歩▲同歩△同飛▲4五桂△2二角(途中図)▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩△3四飛△3三歩▲4四飛△同歩▲5七銀右(結果図)

再掲第11図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲8六角  まで
途中図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ 歩 ・|五
| 歩 角 歩 銀v飛 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=38  △2二角  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:飛 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 角 歩 銀v飛 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩三 
手数=47  ▲5七銀右  まで

 ▲8六角に反応して△5六歩はある意味自然な一手。というのも、角筋が変わったおかげで△5六同飛のあとの▲5五歩には△同銀と取れる。以下▲同銀右△5七歩▲6八金寄△5五飛のような展開は先手が怖い。
 しかし▲4五桂があった。△4二角や△5一角は▲5三歩が好手で、▲6五銀を狙って先手良し。△2二角にも▲5三歩はあるが△6四歩▲同角△6三銀▲6五銀(▲8六角は△6四歩)に△4五銀が△2二角を活かした一手で難しい。
 △2二角には▲2四歩から結果図のように進めるのが良く、以下△5七同飛成▲同銀△4五歩なら▲5三歩、△3六飛なら▲5三桂成でいずれも先手優勢だ。

第11図以下の指し手④
△8四歩▲4五桂△同銀▲同銀△7四桂▲5九角△6六桂▲同歩(途中図)△5六歩▲同銀△6六角▲7七銀△3三角▲3七角(結果図)

再掲第11図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲8六角  まで
途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 角 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 桂 
手数=41  ▲6六同歩  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 角 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂 歩 
手数=47  ▲3七角  まで

 △8四歩は不自然だが仕方ない。▲6八金右と待つのもあるが△8五歩▲7七角と角を引かされる。むろん△8五歩は伸びすぎで先手良しに変わりはないが、△8四歩には▲4五桂と仕掛けるのがわかりやすい。
 ▲4五桂に△2二角は、▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛△3三桂▲6八金右(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
|v歩v歩 ・ ・ ・v銀 飛 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=43  ▲6八金寄  まで

で先手優勢。後手は悪形で自分から解消できず、△8五歩も▲7七角で▲5五銀の先手になる。先手は▲3五歩なり▲6五銀なりしてから好きなタイミングで▲3三桂成とすれば攻めが繋がる。
 ▲4五桂には△同銀~△7四桂とするが、途中図を見れば先手だけ桂が捌けて持ち駒になり、右銀は自然な進出。▲6七金まで回れば完封なので△5六歩とするが結果図までの対応が冷静で先手有利。▲7四桂を防ぐのは難しいし、防いでも△5五歩の争点を失った後手は方針が難しい。対して先手は▲6八金右~▲4六角などしていれば後手は指し手に窮するので、一番良い条件で▲2四歩と仕掛ければよい。最後まで主導権は先手にある。

第11図以下の指し手⑤
△5三銀▲4五桂△同銀▲同銀△7四桂▲5九角△6六桂▲同歩(途中図)△5六歩▲同銀△6六角▲7七銀△4四角(第13図)

再掲第11図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 角 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲8六角  まで
途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v銀v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 角 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 桂 
手数=41  ▲6六同歩  まで
第13図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v銀v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v角v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 角 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂 歩 
手数=46  △4四角  まで

 △5三銀は大胆な一手。確かに△5四銀や△6四銀が間に合えば先手からの仕掛けが消えるが、この瞬間▲4五桂が両取りだからだ。しかし途中図まで進んでみると、△8四歩の変化より後手が少し得をしていそうだ。とはいえ先手十分には変わりない。
 最終手先ほどと同じ△3三角は▲4五桂がある。△4四角はこの一手。

第13図以下の指し手
▲4六歩△5四銀▲8八玉△3三桂▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛(途中図)△2五銀▲3五飛△同角▲同歩△3九飛▲2六歩△1四銀▲6六桂△5五歩▲6七銀△6五銀▲7五歩(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v銀v角 飛 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 角 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂 歩三 
手数=55  ▲3四飛  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀|四
| ・ ・ 歩v銀v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 桂 ・ 歩 ・ 歩 ・|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 角 ・v飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩二 
手数=67  ▲7五歩  まで

 後手は△5四銀~△3三桂と自然な駒運び。先手はもう一手玉周りに手を入れたいが、▲7八金は△6九銀だし、▲6八金寄はあまり堅くなっていない。よって飛車先を交換する。
 △2三歩に▲3四飛が鋭い踏み込み。以下△2五銀しかないが変化の余地は少なく結果図。▲7五歩が味良く次の▲7六銀右のような手が楽しみ。駒の働きも大差で先手有利といえそうだ。

 このように、第10図(▲7七角)に△6二銀はもっとも現れそうな重要変化だが、▲8六角で先手が主導権を握り指しやすい展開になった。後手は手を変える。

第10図から△9二香

第10図以下の指し手②
△9二香▲8六角△9一玉▲7五角(第14図)

再掲第10図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=31  ▲7七角  まで
第14図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
|v香 ・v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 角 ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=35  ▲7五角  まで

 △6二銀では、▲8六角と出られ指す手が難しかった。そこで、後手は穴熊を目指してみる。
 もちろん先手は▲8六角と出る。今度は後手も指す手がないというわけではなく△9一玉とするが、▲7五角が一風変わった好手だ。
 なお▲7五角に△7四歩は▲8六角で、次に後手がどの手を選んでも以下の進行とほぼ変わらない。

第14図以下の指し手①
△8二銀▲4五桂△2二角▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛△3三桂▲9五歩△同歩▲9四歩(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・ ・v飛 ・ ・ ・v香|一
|v香v銀v金 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
| 歩 ・ ・ ・ ・v銀 飛 ・ ・|四
|v歩 ・ 角 ・v歩 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=47  ▲9四歩  まで

 △8二銀は穴熊のハッチを閉める自然な手だが、▲4五桂と飛ぶ。ここで△同銀▲同銀△7四桂の両取りがないのが▲7五角の効果で、△4五同銀▲同銀△1五角に▲2七飛と簡単に受かる。
 となれば角を逃げるが、△4二角は▲同角成~▲2四歩、△1五角と出ても▲1六歩で効果なし。△2二角は仕方ないが、結果図まで進んで先手優勢。△同香なら▲3五銀だし、△7四歩も▲3五銀で目標になる。あとは▲6八金右~▲4四飛~▲5三桂成とすれば先手が勝つ。

第14図以下の指し手②
△5六歩▲同歩△同飛▲4五桂△4二角▲同角成△同金▲5七歩△5一飛▲2四歩(結果図)

再掲第14図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
|v香 ・v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 角 ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=35  ▲7五角  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
|v香 ・v金 ・ ・v金 ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=45  ▲2四歩  まで

 △5六歩は考えられる手。△6二銀の変化にも登場したが、どう違うか。
 ▲4五桂に△2二角は▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛△3三歩▲4四飛△同歩▲5三桂成(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:飛 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
|v香 ・v金 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩 圭 ・v歩v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀v飛 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩三 
手数=49  ▲5三桂成  まで

と同じ進行で先手優勢。最後▲5三桂成とできるのは△7一銀型のデメリットだ。
 また△5一角は▲6五銀△5二飛▲5三歩でひどい。後手は△4二角と引く。先ほどは▲5三歩だったが今度は△7一銀型なのであまり痛くない。▲4二同角成とする。
 △同金には▲2四歩と行きたくなるが△6六飛▲同歩△3九角でなかなか後手玉が遠い。▲5七歩としっかり受けて結果図は先手優勢。以下△6四角は▲6五銀、△4五銀▲同銀△6四角(3七角)は▲2九飛で響かない。先手は2筋突破が確実だ。

第14図以下の指し手③
△5二飛▲7七桂△5一角▲6五銀△8二銀▲6八金上△7一金(第15図)

再掲第14図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
|v香 ・v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 角 ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=35  ▲7五角  まで
第15図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v角 ・ ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 角 銀v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 桂 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=42  △7一金  まで

 △5二飛が一番粘りがある手段。そこで▲4五桂なら△5一角と引くのが安定した形で、次の△3三桂の捌きが楽しみになる。
 また割り打ちの隙ができたので▲4五銀もやってみたいが、そこで△5一飛が面白い一手。▲3四銀ととっても△1五角や△5六歩で暴れられると先手も自信がない。
 ここは殺気高く▲7七桂と跳ねる。△8二銀なら▲4五桂と跳ね、△5一角なら▲6五桂、△4二角なら▲2四歩でいずれも先手優勢。▲6五桂があるのが大きい。
 そこで後手は△5一角と当たりを避ける。これに▲4五桂はやはり△3三桂が気になるので跳ねにくい。また△5六歩▲同歩△同飛に▲4五桂が角当たりでなくなった。ここは▲6五銀としておく。これで後手の手が難しい。△8二銀~△7一金と形を整えるくらいだが、先手は狙いの構想がある。

第15図以下の指し手
▲8五桂△4二角▲9五歩(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛v角v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| 歩 桂 角 銀v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=45  ▲9五歩  まで

 ▲8五桂が狙いの一手。ここで手がないと後手が手待ちをすると、▲8五桂以下△1四歩▲2九飛△1二香▲9五歩△同歩▲9八香(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v角 ・ ・v桂 ・|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・v金 ・v香|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・v歩|四
|v歩 桂 角 銀v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| 香 ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=49  ▲9八香  まで

と地下鉄飛車がさく裂する。後手はなんとしてでも防がなければならない。
 そこで▲8五桂には△4二角と合わせるが、かまわず▲9五歩が好手で結果図。以下、
a.△7五角▲同歩△8四歩は▲7三桂成
b.△7五角▲同歩△9五歩は▲7四歩△同歩▲同銀
c.△9五同歩は▲4二角成で△同金でも△同飛でも▲2四歩
でいずれも先手優勢だ。

 以上で、▲7七角に△9二香と堅めに行くのも先手良しとなった。

第10図から△5六歩

第10図以下の指し手③
△5六歩▲同歩△同飛▲5五歩(第16図)

再掲第10図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=31  ▲7七角  まで
第16図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀v飛 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 ・ 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=35  ▲5五歩  まで

 △5六歩と暴れるのは▲1六歩を保留しているので△1五角があるという主張。第16図からは△3五歩と△1五角が考えられるが。

第16図以下の指し手①
△3五歩▲4五桂△1五角▲1六歩△4六飛▲同歩△3七角成▲1八飛△4六馬▲5一飛(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・ 飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 桂v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・v馬 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 角 歩 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 飛|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=45  ▲5一飛  まで

 △3五歩には▲4五桂が幸便。当然△1五角と出るが▲1六歩の催促が利いた。角を引いてはいられないので勢い飛車を切るが、後手の攻めは迫力に欠ける。結果図は先手優勢。

第16図以下の指し手②
△1五角▲2七飛△3五歩▲1六歩△4二角▲3五歩△3六歩▲4五桂(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・v角v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 桂 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀v飛 銀v歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 角 歩 ・ 歩 ・ 飛 ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=43  ▲4五桂  まで

 △1五角の飛び出しは△4六飛を狙っているので▲2七飛と受ける。それでも△4六飛は▲同歩△3八銀▲1六歩で先手優勢。本譜の△3五歩でも▲1六歩が利き、結果図は駒が捌けて飛車も取れそうな先手が優勢だ。

 このように、△5六歩から暴れる順は成立しない。

第10図から△4二角

第10図以下の指し手④
△4二角▲5五銀左△同銀▲同角△3三角▲7七角(第17図)

再掲第10図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=31  ▲7七角  まで
第17図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=37  ▲7七角  まで

 第4の手段は△4二角。▲8六角を防いだが5五の守りを放棄して大胆な一手。△6四角や△3三桂という変化を与えないためにも、当然▲5五銀左といく。
 △同銀に▲同銀は、△6五銀がきつい。これは▲7七角がとがめられている。▲同角が正解だ。
 5五歩を取らせて△3三角が強引な捌き。▲同角成△同桂(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角 銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v桂v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 銀 歩 
手数=38  △3三同桂  まで

という展開も考えられる。先手が一歩得で悪い道理はなさそうだが、先手の玉が薄いのが気になる。△4四歩~△4五歩が回ると大変だし、飛車先を交換しても△3五歩のような攻め筋が生まれてしまうので微妙。ここは▲7七角が変わった一手だが好手だ。

第17図以下の指し手①
△同角成▲同桂△3三桂▲6六角△6四歩▲2四歩△同歩▲同飛(結果図)

再掲第17図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=37  ▲7七角  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩 ・ ・v歩v桂 ・v歩|三
|v歩 ・ ・v歩 ・ ・v歩 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 角 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 桂 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩二 
手数=45  ▲2四同飛  まで

 △同角成なら▲同桂とする。後手から角交換したので、先述の変化より先手が▲7七桂の分手得している。△6五銀が消えたのを見て▲6六角が、▲3五歩、▲2四歩、果ては▲9五歩のような含みを持たせる好打。△4四歩を防いだ一手で、後手は動きづらい。もちろん△4四角には▲5五銀打だ。
 △6四歩は△6五歩も見せてこれくらいだが、飛車先を交換して先手有利。△2三歩なら▲3四飛だし、△6五歩も▲7五角で十分角が働く。

第17図以下の指し手②
△6二銀▲6六歩△4二角▲6七金△4四歩▲5六歩(結果図)

再掲第17図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=37  ▲7七角  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・v角v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 金 ・ 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=43  ▲5六歩  まで

 △6二銀や△9二香のように動いてこない手には▲6六歩が落ち着いた一手になる。先手は歩得なので持久戦にしてしまえば争点を失った後手が自然に苦しくなる。

第17図以下の指し手③
△6五銀▲3三角成△同桂▲2四歩△同歩▲同飛△3五歩(第18図)

再掲第17図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=37  ▲7七角  まで
第18図
後手:後手
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 銀 歩二 
手数=44  △3五歩  まで

 駒損の後手は▲6六歩の前に動くしかない。△6五銀がその手段になる。
 先手は▲3三角成。ゼロ手で△6五銀と打たれてしまったが、角がいないので響かない。打たせたと考えて2筋から動いていく。
 ▲2四同飛に△2三歩は▲3四飛で▲4五桂などを狙って先手有利。△3五歩が鋭い反撃だ。

第18図以下の指し手
▲2五桂△同桂▲同飛△4四角▲8八桂(第19図)

第19図
後手:後手
後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 飛 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 銀 歩二 
手数=49  ▲8八桂  まで

 第18図ではいろいろな手が見える。
 ▲2一角は△4二金▲2二飛成△3六歩▲4二竜△2一飛(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角二 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ 龍 ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=50  △2一飛  まで

と進んで難解な将棋。▲2二歩△6一飛で先手も決めきる自信はない。

 ▲3五同歩は△3六歩▲3四歩△3七歩成▲3三歩成△4八と(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:角 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 と ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金vと ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 銀 桂 歩三 
手数=50  △4八と  まで

で先手自信なし。▲同金ならもちろん△1五角。後手玉が遠い。

 先手は2五桂と跳ねる。△同桂▲同飛で次の狙いは▲3五飛。それを防いで△7六銀は▲3五飛△3四歩▲2五飛△5四角▲7九桂で先手良し。▲7七歩が回れば後手の攻めが切れる。△4四角が▲3五飛を防ぎながら先手玉を睨んだ手だ。
 放っておくと△2四歩▲同飛△9九角成があるので、先手は▲8八桂と△9九角成を防ぐ。

第19図以下の指し手
△7六銀▲同桂△9九角成▲8八銀△9八馬▲3五飛△3三歩▲9九銀打(第20図)

再掲第19図
後手:後手
後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 飛 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 銀 歩二 
手数=49  ▲8八桂  まで
第20図
後手:後手
後手の持駒:桂 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|五
| 歩 ・ 桂 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
|v馬 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 銀 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩三 
手数=57  ▲9九銀打  まで

 △7六銀では△6四桂も見えるが、▲1五角が好手。△2四歩は▲同飛で効果がないし、△6一飛には▲3五銀が好手。△2四歩には▲同銀で銀当たりだ。
 △7六銀と突っ込むのはこの一手。△7七桂があるので▲1五角は入らない。また▲同桂では▲7七歩も考えられるが壁桂を解消しづらい。
 △9九角成と引き込んで▲8八銀と打てば後手から早い攻めはない。落ち着いて▲3五飛と横利きを復活させる。△3四歩▲同飛△3三歩とされても▲3五飛でなんともないのが後手の辛いところだ。
 △3三歩に▲9九銀打と馬を取りに行く。駒割りは銀香交換。これさえ取り切ってしまえば完封だ。

第20図以下の指し手
△8六桂▲7九玉△9五歩▲5九角△8八馬▲同玉△9六歩(途中図)▲8六歩△9七歩成▲同桂△9六歩▲8五桂△9七歩成▲7七玉(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|五
|v歩v桂 桂 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 銀 桂 ・ 金 角 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩三 
手数=64  △9六歩  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|五
| ・ 歩 桂 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
|vと ・ 玉 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 銀 ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 桂 歩四 
手数=71  ▲7七玉  まで

 後手は馬銀交換に応じるわけにはいかない。△8六桂から暴れるが、▲7九玉と引いて耐える。
 ▲7九玉に△7八香なら金桂交換だが、アヤがなくなってしまう。また△5六歩はあるが▲7七角が冷静。以下△5七歩成▲同銀で、
a.△5六歩なら▲4六銀△5七香▲6八金寄
b.△5六香なら▲5三歩△5七香成▲同金
でいずれも耐えている。
 ▲7九玉に△9五歩も▲5九角で▲8六角を狙うのが急所。5九に打つのが一番迷惑が少ない。
 ▲8五桂と端攻めを逆用するのが強気な対応で、結果図まで進んで後手の攻めは切れ先手優勢。あとは▲7四歩~▲7三歩で急所を攻めるのが早い。先手玉は▲6六玉の形が見た目以上に攻めにくく、怖くなれば▲6八玉~▲3七角と早逃げすればよい。
 
 △4二角も先手良しになった。後手最後の手段を見ていきたい。

第10図から△6四歩

第10図以下の指し手⑤
△6四歩▲4五桂△4二角▲5五銀左△同銀▲同銀△3三桂(第21図)

再掲第10図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=31  ▲7七角  まで
第21図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・v角v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩 ・ ・v歩v桂v歩v歩|三
|v歩 ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 桂 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=38  △3三桂  まで

 △6四歩が後手最後の手段。これにも▲8六角なら△6三金でブロックしようという意味。このまま△6二銀とされては困るので、▲4五桂と仕掛ける。この一瞬は後手の陣形が不安定だ。
 ▲4五桂に△2二角は▲2四歩△同歩▲同飛でよい。△2三歩なら▲3四飛だし、△3三桂なら▲2三歩だ。
 △4二角に▲5五銀左。定跡形の下図

定跡図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v銀 ・v角v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 桂 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=35  ▲5五銀左  まで

とよく似ている。定跡形では後手良しとなっているが、△6四歩△7一銀型がどう影響するだろうか。
 最後△3三桂で△6五銀が▲7七角を咎めた手に見えるが、▲4六銀△3三桂▲5三銀で先手有利。

第21図以下の指し手①
▲同桂成△同角▲6四銀△7七角成▲同桂△3七角▲4六角△2八角成▲同角(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:飛 銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ 銀 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 桂 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 角 ・|八
| 香 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 銀 桂 歩二 
手数=47  ▲2八同角  まで

 ▲3三桂成~▲6四銀が後手の形から生じるデメリット。△7七角成に▲同桂と離れ駒を作らずに取れるのは▲7七角型のメリット。ここまで条件がよければ当然結論も覆り、結果図は先手優勢。
 △7七角成▲同桂に△6一飛は▲3七角なので、△3七角と先着する。
 △2八角成で△4六角成▲同歩△3七角は▲6三桂で攻め合い勝ち。結果図から△2九飛(△3八飛)にも▲4六角打が急所で▲7四桂△同歩▲7三銀打のような手が生まれ、後手が支えきれない。

第21図以下の指し手②
▲同桂成△同角▲6四銀△6一飛(途中図)▲3三角成△同金▲5三銀打△3七角▲4六角△同角成▲同歩△3七角▲5二角(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v飛 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩 ・ ・v歩v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ 銀 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 桂 歩二 
手数=42  △6一飛  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v飛 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ 角 ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩 ・ 銀v歩v金v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ 銀 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・v角 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂 歩二 
手数=51  ▲5二角  まで

 先に△6一飛は▲5三銀打なら△7七角成~△3七角▲4六角△同角成▲同歩△3七角の意味。先述の▲6三桂を消している。
 先手は▲3三角成と金の働きをなくしておく。△3七角▲4六角に△2八角成▲同角△2九飛は▲5五角打がぴったり。やはり△4六角成~△3七角だが、▲5二角が急所の一手で先手有利。結果図以下、
a.△5一飛なら▲6三桂で先手優勢
b.△2一飛なら▲2九飛で、△4六角成▲6三桂△6二歩▲7一桂成△同金▲9五歩のように攻めて先手有利。
c.△6四飛なら▲同銀成△2八角成▲6三銀成で攻めが繋がる。

 以上で本記事を終わる。銀対抗の後手金美濃は長く指されている後手の超速対策だが、▲7七角で先手良しが私の結論。定跡形より捌かれることが少なく優秀だと思うので、ぜひ採用してみてほしい。
 次回は銀対抗後手穴熊編と題し、後手が穴熊を目指す順を見ていきたい。

 次回…ゴキゲン中飛車⑦~銀対抗 後手穴熊編~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする