美濃崩しの手筋②~端を絡めた攻め~

 

どうも。なにわづです。

〈今回のまとめ〉

・美濃囲いには端が急所。「歩と桂を持ったらまず端攻めを考えよ」

 前回は▲6二銀をはじめとする横からの攻めの手筋を解説しました。
今回は△9四歩型について書いていきます。もちろん△9三歩型と△9四歩型の両方で成立する筋はあるのですが、それは前回の記事で確認してもらうとして、今回は△9四歩型特有の手筋について書いていきます。

 まず、端攻めについて。美濃囲いを攻略する上で、非常に大切な手筋です。先手の玉は7八にあることが多いので、美濃囲いより一路離れているのが大きく、多くの場面で端攻めが成立します。逆に美濃囲い側からの端攻めが成立しづらいのもこのためで、△9五歩▲同歩と突き捨てて攻められても、どこかで▲9四桂が王手で絶好の反撃になることが多いです。

 
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩三 
手数=0    まで

 

上図は一番基本的な攻め。桂と歩三枚を持てばこの筋が厳しいです。
▲9五歩△同歩▲9二歩△同香▲9三歩△同香▲9四歩△同香▲8六桂(図)

 
後手の持駒:歩四
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 桂 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし

 

香を吊り上げて▲8六桂が急所。▲9四桂が王手になるのが大きく、非常に厳しい攻めとなっています。持ち駒のない後手が受けるとすれば△9三玉しかありませんが、▲9四桂△同玉▲9八香打などと進めて受けにくいです。

 
後手の持駒:桂 歩四
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=13  ▲9八香打  まで

 

もし桂の代わりに銀を持っていても、▲8六桂に代えて▲8五銀と打つ筋があります。

 
後手の持駒:歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし

 

▲9二歩に△同玉だと▲9三歩と追撃し、

 
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
|v玉 ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| 歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 
手数=5  ▲9三歩  まで

 △同桂なら▲9四歩△8五桂▲9五香。△8二玉には▲9四桂や▲9五香。△同玉には▲9四歩と叩いたり、玉を露出させておいて他の手段を狙うこともできます。
 
この筋が基本中の基本。後手が銀を持っている場合には、少し状況が違ってきます。

 
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩三 
手数=0    まで

 

この場合、先ほどと同じように▲9二歩△同香▲9三歩△同香▲9四歩△同香▲8六桂と進めると、△8五銀と受け止められてしまいます。

 
後手の持駒:歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 桂 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし

もちろんそこで▲9四桂△同銀▲9八香打と攻めを続けることもできなくはないのですが、次に▲9五香△同銀▲同香としても△9三歩と受けられ、

 
後手の持駒:桂 香 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 

 

歩を使ったうえ数手かけて戦果が銀桂交換では、あまりうまくいっていない感じがします。後手に渡した桂香が攻めに使われることを考えると、少し心許ないです。そこでどうするか。▲9二歩△同香▲9三歩△同香▲8六桂と控えて打ち、▲9四歩を狙います。

 
後手の持駒:歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 桂 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし

 

同じく△8五銀と受けますが、▲7七桂と銀に当て、銀を逃げると▲9四桂と香を取られてしまうので△8六銀と取りますが、▲同歩と取った局面は次に▲8五桂の狙いが残っています。

 
後手の持駒:桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v香v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 

 

これがあえて歩を2連打に留めた効果。次の攻めにスムーズに移ることができます。

 
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩三 

 

そしてもう一つ、桂が跳ねられない場合も、銀桂を手にして手筋があります。
 
▲9二歩△同香▲9三歩△同香▲9四歩△同香▲8五銀が手筋。△9三銀と受ける一手に▲8六桂と数を足して受けがなくなります。

 
後手の持駒:銀 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 

 

”敵の打ちたいところに打て”で▲8五銀と先着するのがミソ。▲8六桂を先にすると△8五銀と先着されてしまいます。
 
端一本で攻める手筋は以上ですが、横からの攻めと縦からの攻めを組み合わせるとより有効な攻めとなる場合があります。
例えば下の局面。

 
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ 飛 ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩 

 

▲9五歩△同歩と端に味を付けてから▲6二香と打つのが好手。△7一金に▲9二歩△同香▲9一角△同玉▲7一飛成と一気に寄り形になります。知っているか知らないかで大きく差がつく手筋なので、覚えておきましょう。また、後手が△9五歩と突き越している場合は、▲9四桂△同香▲9一角という筋もあります。

 
香角を持っている場合は、もう一つ有名な手筋があります。これは端歩の交換が入っていなくても成立する筋なので、その兼ね合いを加味して、実戦ではこちらの筋も考えましょう。▲6二香△7一金▲4四(5三)角です。

 
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v金 ・ ・ 飛 ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀 香 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 

 

何を狙っているかわかりづらいですが、次に▲7一飛成△同玉▲6一香成の筋を狙っており、△8二玉には▲7一角成で寄り、△同玉には▲6二金まで詰み。ただし、後手が金を持っている場合は図で△5二金と▲6二金を防がれる手があるので注意が必要です。また、香を持たれている場合、△6一香という受けもありますね。以下▲同香成に△同銀または△同金▲6二香△5二金と受けられます。

最後に、応用問題です。

 
後手の持駒:銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・ ・ ・ 龍|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v歩v角 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 香 ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 桂 歩三 

 

後手の美濃囲いは金が寄っているために右辺に逃げ出すスペースがない、というのがポイントです。
筋が見えた、という方でも、どうするのが一番得であるか、ゆっくり考えてみてください。
 
いかがでしたでしょうか。端攻めは非常に有効な手筋です。なにより、相手玉に近いところを攻めるので、小駒だけの攻めでも非常に厳しく、無視しづらいのが特徴です。苦しい局面でも、相手の端に手がつけば一気に勝負形になる可能性を秘めています。それ単体の威力は当然のこと、横からの攻めも組み合わせるとより効果的です。これといった定型が無かったのでここでは書きづらかったのですが、端で香車を調達して別のところで使う、というような筋もありますね。とにかく、ここぞというところで端に手が伸びるようになってくればしめたものです。というところで、今回のまとめを再掲します。

〈今回のまとめ・再掲〉

・美濃囲いには端が急所。「歩と桂を持ったらまず端攻めを考えよ」
 
「歩と桂を持ったらまず端攻めを考えよ」。大切なことなので10回くらい繰り返しましょう。(笑)
 
冗談のようですが、手を体に「染み込ませる」ことは大切です。長々と読みを入れなくても、「勝手に端に手が伸びる」用になればもう体得したといってもいいでしょう。もちろん読みも大切ですが、読まずにもわかる感覚を手に入れれば、方針を決めた上で読みを入れられるので、より勝率が上がってくると思います。

 
後手の持駒:銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・ ・ ・ 龍|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v歩v角 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 香 ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 桂 歩三 

 

応用問題、正解は▲9五歩。後手玉が狭く、歩と桂を持っているので当然端に行くべき局面ですが、そのあとの組み合わせが肝心。△同歩に▲9二歩ではなく▲9三歩が利きます。

 
後手の持駒:銀 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・ ・ ・ 龍|二
| 歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v角 ・v歩 ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 香 ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 桂 歩二 
手数=3  ▲9三歩  まで

 

次の▲9四桂が非常に厳しいので、後手は手抜くことができないのです。後手は△同香と取ってきます。そこで▲8六桂と控えて打ち、△8五銀▲7七桂としていく手もあるにはあるのですが、それには△8六銀▲同歩△7四桂が嫌味な攻め。

 
後手の持駒:桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・ ・ ・ 龍|二
|v香v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v桂 ・v歩v角 ・v歩 ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 歩 歩 銀 歩 ・v歩 ・ ・|六
| ・ ・ 桂 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ 金 香 ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀二 歩二 
手数=10  △7四桂  まで

 

銀にも当たってきてしまうのがいかにも嫌ですね。ここは▲9三歩△同香に▲9四歩と打ってしまい、△同香▲8五銀とします。

 
後手の持駒:銀 桂 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・ ・ ・ 龍|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
|v香 ・ ・ ・v歩v角 ・v歩 ・|四
|v歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 香 ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩 
手数=7  ▲8五銀  まで

 

△9三銀には▲8六桂とし、次の▲9四銀が激痛。まだしも後手は▲8五銀を手抜きますが、そこで▲9四銀とせず▲8六桂がポイント。△8五銀が消えているので受けづらく、△9三銀には▲9四銀で無効なのでそのまま寄ってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする