ゴキゲン中飛車⑦~銀対抗 後手穴熊編~

 2018年となりました。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

 今回もkifファイルをこちらに用意しているので、ダウンロードして見ながら読み進めるのをオススメします。スマホからなら、盤駒を用意するのをオススメします。

 前回から、超速に対して後手が△4四銀と構える銀対抗の将棋を見ていった。前回は後手が金美濃でバランスよく戦おうとしたが、▲7七角~▲8六角のラインが厳しく先手有利となった。今回は、後手が一直線に穴熊を目指す順を調べていきたい。書籍では触れられない作戦だが、やはり堅さは大きく、有力である。

 穴熊は堅く、完成してしまうと多少の無理も通ってしまう。先手が避けなければならないのは下のような形。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ ・|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=32  △7四歩  まで

 先手は自然に進めているが、後手の穴熊が完成し、また△7四歩がポイントとなる一手。この一手まで入ってしまうと、何かと△7五歩のような筋が生じ後手から手が出しやすくなる。穴熊を活かした思い切った攻めが可能になり、上図ではすでに先手が勝ちにくいと思う。

 後手の△8二銀や△7一金、△7四歩は先手の▲1六歩や▲6八金寄より価値が高い。▲9六歩もかなり価値の高い一手だが、△8二銀には劣る。よって先手は後手が安定した陣形を整える前に仕掛けるのが有力策だ。

基本図まで

銀対抗基本図からの指し手

▲7八銀△6二玉▲7七銀△7二玉▲6六銀△8二玉▲7八玉△9二香▲5八金右△9一玉(基本図)

基本図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=26  △9一玉  まで

 先手の二枚銀は前回と同じ。対して後手は一直線に穴熊を目指し、△9一玉と潜ったところが基本図。このまま△8二銀~△7一金~△7四歩とスムーズに組ませてはいけない。早速先手は動く。

基本図からの指し手

▲2四歩△同歩▲3七桂(第1図)

第1図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=29  ▲3七桂  まで

 ▲2四歩と早速つっかける。これに△同角は▲5五銀左△同銀▲同銀で問題なく先手良し。以下△3三角なら▲6六銀で▲2三飛成が狙いになるし、△8二銀も▲4六銀で後手のやりようがない。△5六歩▲同歩△同飛なら▲6五銀だ。

 よって△2四同歩だが、▲3七桂と跳ぶ。突き捨ては一手早まったように見えるが、狙いはすぐにわかる。

 第1図からは①△8二銀が自然な一手。そのあと②△4二角や③△5一飛、④△3二金と解説していきたい。

第1図から△8二銀

第1図以下の指し手①

△8二銀▲4五銀(第2図)

第2図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=31  ▲4五銀  まで

 △8二銀とハッチを閉めるのは自然だが、さっそく▲4五銀と仕掛けるのが先手の狙い筋だ。  ここで先ほど▲2四歩と突き捨てた意味がわかる。仮に先ほど▲2四歩を突き捨てないで▲4五銀としていると△1五角(参考図A)で先手失敗。また▲3七桂△8二銀に▲2四歩としていると△同角▲5五銀左△同銀▲同銀△3五歩(参考図B)で怖い。

参考図A
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ 歩v角|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=30  △1五角  まで
参考図B
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=34  △3五歩  まで

 基本図のタイミングで▲2四歩△同歩を入れたのは△1五角を防ぐため、そして桂が跳ねることによって生じる△3五歩の隙をなくすためだったのだ。

 最速で▲4五銀と仕掛けた第2図はすでに先手ペース。①△同銀②△5一角③△3五歩の三手段を見ていきたい。

第2図から△同銀

第2図以下の指し手①

△同銀▲同桂△5一角▲5五銀△3三桂(第3図)

第3図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金v角v金 ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=36  △3三桂  まで

 △同銀▲同桂に角の逃げ場所はいくつかあるが、

①△4四角には▲2四飛で、△2二歩には▲5三銀、△3三桂には▲2一飛成△3二銀▲3三桂成で先手優勢。

②△2二角には▲2四飛△3一金▲5三銀△7二飛▲2三歩で先手優勢。

③△4二角には▲5三銀△同角▲同桂成△同飛▲2四飛△3一金▲5五銀で先手有利。

 ▲2四飛を防ぎながらあたりを避ける△5一角が最善だ。

 ▲5五銀は当然だが、△3三桂が後手狙いの捌き。先手はうまく対応したい。

第3図以下の指し手

▲4六銀△4五桂▲同銀△5五歩▲5六歩△同歩▲5四歩(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金v角v金 ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 桂 
手数=43  ▲5四歩  まで

 ▲3三同桂成は△同角で後手の思うつぼ。▲4六銀△4五桂▲同銀と後手の手を消しておく。▲1一角成が受けにくい。

 △5五歩は苦心の受けだが、▲5六歩が利いた。△同歩に▲5四歩で飛車を封じ込み結果図。やはり▲1一角成が受けにくい。以下△7四歩なら▲1一角成△7三角▲4六桂。徹底的に後手の手を殺して先手良しだ。

第2図から△5一角

第2図以下の指し手②

△5一角▲4四銀△同歩▲5五銀△7四歩▲4四銀△7三角(第4図)

再掲第2図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=31  ▲4五銀  まで
第4図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v角v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩二 
手数=38  △7三角  まで

 △5一角は先受けの手筋。次に△4五銀▲同桂△3三桂とする狙いだ。

 △5一角には▲3四銀も有力。以下△3二金▲4六歩△7四歩▲4七金のように抑え込み、これも先手有望だ。

 本譜は▲4四銀~▲5五銀。このとき桂を跳ねられていないのが△5一角の効果だが、そのぶん▲4四銀と歩得できる。なお、△7四歩で△3五歩も気になるが▲2六飛で問題ない。  △7三角と後手も反撃する。

第4図以下の指し手

▲2四飛△3七角成▲2一飛成△5六歩(途中図)▲4一竜△5七歩成▲6一竜△5八と▲5二竜△6九と(第5図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・ 龍v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 桂 歩三 
手数=42  △5六歩  まで
第5図
後手:後手
後手の持駒:金二 銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ 龍 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・vと ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 金二 銀 桂 歩三 
手数=48  △6九と  まで

 ▲2四飛~▲2一飛成が金に当たるのが後手の泣き所。△7一金の一手が入っていないのも痛い。

 ▲2一飛成には金取りを受けるのが普通だが、△5一金左は▲5三桂△7一金▲4三銀成で先手優勢。また△3二銀も▲1一竜で後手が駒不足になる。

 △5六歩は不退転の覚悟。後手としてはこれにかけるしかない。

 本譜は斬り合いの順だが、駒を取り合う手順が怖いならほかの手順もある。△5六歩(途中図)から▲同歩△同飛▲5七歩△7六飛▲7七歩△3六飛▲4一竜(参考図)

参考図
後手:後手
後手の持駒:銀 桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・ 龍 ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:金 銀 桂 歩二 
手数=49  ▲4一龍  まで

と進めるのが安全かつ有力な指し方。以下△5一歩に▲3八歩と打診し、△同馬なら馬の利きがそれたので▲5三銀成と攻め、△1九馬などなら▲2七銀と飛車の侵攻を抑える。長くなるが手堅い指し方だ。

 本譜は先手が最短で勝ちを目指す指し方。お互い駒をボロボロと取り合ってどうなっているか。

第5図以下の指し手

▲7二金△7一金▲同金△同銀▲6九玉(第6図)

再掲第5図
後手:後手
後手の持駒:金二 銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ 龍 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・vと ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 金二 銀 桂 歩三 
手数=48  △6九と  まで
第6図
後手:後手
後手の持駒:金二 銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・ ・ ・ 龍 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 金二 銀 桂 歩四 
手数=53  ▲6九玉  まで

 ▲7二金は▲8一金以下の詰めろ。ここで△6八金を決めるのは深追い。これを決めないことによって△7一金に▲7三桂△同馬▲同金△同桂▲4一飛なら△5一歩▲同竜△7九金(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:金 銀 桂二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉 ・v金 ・ 龍 飛 ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v桂v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂v金vと ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 金 銀 歩四 
手数=58  △7九金  まで

がある。▲同角△同と▲同玉に△2四角で後手良し。△6八金を決めていると△7九金がないので先手優勢になる。

 そこで単に△7一金とする。▲7三桂は先述の変化で後手良しなので▲同金△同銀に△6九玉と手を戻しておく。▲7二金△7一金▲同金△同銀の交換は必要ないように見えるが、その意味はすぐにわかる。

 第6図は後手の手段が多くかなりきわどく見えるが、どれも先手が指せる変化になる。

第6図以下の指し手①

△5七銀▲同竜△6五桂▲5五角△6四金▲4六竜(途中図)△5五金▲3七竜△5七桂成▲3八竜(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v金 ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 龍 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 金二 銀二 桂 歩四 
手数=59  ▲4六龍  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:角 金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v圭 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 龍 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 角 金二 銀二 桂 歩四 
手数=63  ▲3八龍  まで

 △5七銀はタダのところに銀を捨てる強手だが手ごわい。▲同竜△6五桂に▲5一竜は△5七金で怪しくなる。▲5五角が好手で、この▲5五角を王手で利かせられるのが△7一銀と動かした効果だ。

 ▲5五角に△8二金なら▲5六竜で安心。△5七金には▲9五桂が利く。

 ▲5五角には△6四金と角に当てるが、▲4六竜がまた好手。△同馬なら▲同角△4九飛▲5九歩△4七飛成▲6八角打△5七歩▲9五桂で先手勝ち。△5五金にも結果図まで進めて先手勝ち。受け切っている。

第6図以下の指し手②

△5七金▲同竜△6五桂▲5一竜△5七歩▲6六角△8八銀▲7八玉(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ 龍 ・ ・ ・v香|一
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 角 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v歩 歩v馬 ・ 歩|七
| ・v銀 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 金三 銀 桂 歩四 
手数=61  ▲7八玉  まで

 △5七金~△6五桂もある。ここでは▲5五角ではなく▲5一竜が正解。△5七銀▲7八飛のとき5七が銀なので△6七金と寄れないためだ。また△5七銀に代えて△5七金は▲7八玉で逃げられる。

 後手は△5七銀ではなく△5七歩だが、結果図まで逃げ切れる。△7七金で清算~△9五角も▲8六銀△5一角▲6一金で先手勝ちだ。

第6図以下の指し手③

△5七歩▲7九金△6五桂▲7八玉△5八歩成▲同竜△5七銀▲5九歩△5八銀成▲同歩(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:飛 金二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 金 銀二 桂 歩四 
手数=63  ▲5八同歩  まで

 △5七歩は手ごわいが本譜が先手最善の受け。結果図となって案外後手の後続がない。△2八飛には▲5一飛△5七金▲6九銀、△1九馬のような手なら▲6六銀。怖く見えても先手優勢だ。

第6図以下の指し手④

△5六歩▲5八歩△6五桂▲6八金△5九金▲7八玉△6九銀▲同金△同金▲同玉△5七金(途中図)▲7八飛△5九金▲7九玉△5八金引▲6六角△6七金▲5八飛△同金▲8八玉(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・ ・ ・ 龍 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v金 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 金二 銀二 桂 歩三 
手数=64  △5七金  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:飛 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・ ・ ・ 龍 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 角v歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ ・ 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・v金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:金三 銀二 桂 歩三 
手数=73  ▲8八玉  まで

 △5六歩は詰めろ。また▲5八歩に△6五桂も詰めろ。攻められて怖いが本譜のように受けて先手が余している。詰めろを続けないと▲9五桂で先手勝ちになるが、最後の▲8八玉だけは先に入れないと△6八飛に▲7八桂が用意できなくなるので注意が必要だ。

第6図以下の指し手⑤

△6五桂▲6八金△5九銀▲5八金打△6八銀成▲同金△5七歩▲5九歩(途中図)△4八金▲7八玉△5九金▲2二飛△8二金▲5七金△同桂成▲同竜(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:金三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・ ・ ・ 龍 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩v歩 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 歩 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 銀二 桂 歩三 
手数=61  ▲5九歩  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:金二 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香v金 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|二
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 龍 歩v馬 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・v金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀二 桂二 歩四 
手数=69  ▲5七同龍  まで

 △6五桂も油断ならない一手で、うっかり▲2二飛とやると△5八銀で先手負けになってしまう。

 本譜のように受けて先手優勢。垂れ歩を取り払うのが冷静な勝ち方だ。

第2図から△3五歩

第2図以下の指し手③

△3五歩▲同歩(第7図)

再掲第2図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=31  ▲4五銀  まで
第7図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=33  ▲3五同歩  まで

 △3五歩は▲同歩と取らせてどこかで△3六歩と打つ隙を作った手。先手は注意して攻めなければならなくなる。

 第7図からはいろいろな手が考えられる。なお第7図で△3五同銀は▲3六歩で3六の傷が消えてしまう。

第7図以下の指し手①

△5一角▲4四銀△同歩▲2六飛△3二飛▲5五銀△3五飛▲3八歩(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金v角v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・v飛 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ 歩 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=41  ▲3八歩  まで

 △5一角は駒のあたりを避ける常套手段だが、▲4四銀△同歩に▲2六飛と冷静に△3六歩を受けて先手良し。

 ▲5五銀と取られるので△3二飛と筋を変えて揺さぶるが、▲3八歩と受ける。ここを▲3六歩と上から受けてしまうと△2五歩▲同桂△1五角で大駒交換になってしまうので注意。  結果図から△3六歩は▲4四銀△3一飛に▲4五桂が▲5三桂不成を狙い気持ちの良い跳躍になる。

第7図以下の指し手②

△7一金▲4四銀△同角▲2四飛△2二歩▲4六銀(第8図)

再掲第7図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=33  ▲3五同歩  まで
第8図
後手:後手
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・v歩 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角 ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=39  ▲4六銀  まで

 △7一金は駒を連結させる無駄のない一手。

 先手は▲3四銀と出るのも魅力的だが、△3六歩の筋を作って逆に怖いことになる。▲4四銀と取るのが正解で、対して△同歩ならやはり▲2六飛で先手が良い。△同角の一手だ。

 ▲2四飛に△2二飛は強気だが、▲同飛成△同角▲2三飛△3一金▲2八飛成(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:飛 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・ ・v金v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 龍 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩二 
手数=43  ▲2八飛成  まで

となると先手陣に飛車の打ち込みがなく先手良し。△3六歩も▲4五桂で藪蛇だ。

 △2二歩の我慢が正解。▲4五桂などと調子よく指すと△5六歩や△3三桂で暴れられてしまう。こちらも▲4六銀の我慢が正解。

第8図以下の指し手

△5六歩▲同歩△同飛▲5七歩△5二飛▲2六飛(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・v歩 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 ・ 飛 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=45  ▲2六飛  まで

 △5六歩は当然の一手。△5四銀などとすると後手からまったく手が出せなくなる。

 △5六同飛には▲5五歩と飛車を閉じ込めたくなるが、この場合は△3六歩▲4五桂△3七歩成▲同銀△3五角(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 桂v角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀v飛 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩三 
手数=48  △3五角  まで

で失敗。飛車を生け捕りにしようというのは少々虫が良すぎる。

 ▲5七歩から▲2六飛が冷静な対応で結果図は先手良し。歩得を主張してゆっくりやれば、後手から動く手はない。

第7図以下の指し手③

△5一飛▲9六歩△7一金▲4四銀△同角▲2四飛△3二金▲9七角(第9図)

再掲第7図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 銀 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=33  ▲3五同歩  まで
第9図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v飛 ・ ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v角 ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩二 
手数=41  ▲9七角  まで

 △5一飛に先ほどと同様▲4四銀は、△同角▲2四飛△3二金と形よく受けられる。これが△5一飛の意味だ。

 先手は▲9六歩と一手待つのが有効な一手。△7一金で損な交換に見えるが、▲4四銀~▲2四飛△3二金に▲9七角が狙いの一手。前回も出てきた急所のラインで、▲4二銀が狙い。

第9図以下の指し手

△5六歩▲同歩△3三桂▲5五銀打△3五角▲3四飛△6二角▲2四歩(第10図)

第10図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・v角 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 角 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=49  ▲2四歩  まで

 第9図で△2三歩は素直過ぎで▲2六飛で先手良し。△3五角は▲3六飛だし、▲4五桂~▲5三銀を防ぐ気の利いた手も見当たらない。

 単に△3三桂は▲4二銀でダメなので△5六歩▲同歩を利かして△3三桂が工夫の受け。▲4二銀には△5六飛を用意している。

 しかし▲5五銀打が発生した。△3五角に▲3四飛と当て返して調子がいい。▲3五飛に△2六角は▲3八歩と受けておき、本譜のように▲2四歩~▲4五桂を目指せばよい。2六の角は案外攻めに活躍しない。

 △6二角にはすぐに▲2五桂と跳ねたくなるが、△4五銀ではっきりしない。▲3三桂成△3四銀の展開は気持ち悪いだろう。

 そこで▲2四歩が好手。▲2四歩の狙いは▲2五桂。今度△4五銀なら▲3九飛でこのときの△2一飛を防いでいる。

第10図以下の指し手

△3六歩▲同飛△3五銀▲1六飛△1四歩▲3四歩(途中図)△1五歩▲3三歩成△1六歩(第11図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・v角 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v桂 ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・v銀 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・ 飛|六
| 角 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩二 
手数=55  ▲3四歩  まで
第11図
後手:後手
後手の持駒:飛 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v飛 ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・v角 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 と ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・v銀 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・v歩|六
| 角 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂 歩二 
手数=58  △1六歩  まで

 ▲2五桂を食らってはいけない後手は△3六歩と動く。飛車は捕らえられるが▲3四歩と反撃できる。

 ▲3三歩成に△同金は▲4二角成で逆効果。勢い二枚替えになりそうだが。

第11図以下の指し手

▲4二と△5七歩▲同銀△5五飛▲同歩△3六銀(途中図)▲5二と△3五角▲3四飛△5七角成▲同金(第12図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:飛 銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・v角 ・ とv金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・v銀 ・v歩|六
| 角 歩 ・ 歩 銀 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 桂 歩三 
手数=64  △3六銀  まで
第12図
後手:後手
後手の持駒:飛 銀二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ と ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・v銀 ・v歩|六
| 角 歩 ・ 歩 金 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 桂 歩三 
手数=69  ▲5七同金  まで

 ▲3二との一手と思われるところだが、△3六銀▲4二と△2一飛▲5二と△2六角で存外うまくいかない。

 あえて金を取らない▲4二とが好手。これに△2一飛なら▲5四桂で角を飛び出せないというロジックだ。  後手は当然飛車を叩ききって△3六銀と角を飛び出す準備をする。△3五角で△2六角は▲5一飛で後手のあたりが弱い。▲3四飛があっても△3五角~△5七角成でスピードアップを図る。

第12図以下の指し手

△2八飛▲6八角△3七銀成▲3二飛成△4五桂▲5六金打△5七桂成▲同金△4七成銀(途中図)▲同金△5八銀▲同金△同竜▲6九銀△4七竜▲5八銀打△2七竜▲5三角成(結果図)

第12図
後手:後手
後手の持駒:金 銀二 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ と ・ 龍 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩|六
| 角 歩 ・ 歩 金v全 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 角 ・ ・ ・v飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂二 歩三 
手数=78  △4七成銀  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:金三 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ と ・ 龍 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 馬v歩 ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・v龍 歩|七
| ・ ・ 玉 角 銀 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 銀 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂二 歩三 
手数=87  ▲5三角成  まで

 △2八飛には▲6八桂もあるが、△4七銀成▲同金△5八銀▲同金△同竜▲6九角△5七歩でほどきにくい。▲6八角なら△5七歩はない。

 △4五桂は厳しいが▲5六金打で耐えれば後手は後続が難しい。▲5七同金(途中図)に△4八銀▲5八金引△5七銀打は▲6二とが早い。

 △4七成銀からの攻めも本譜のようにガッチリ受けて結果図は先手優勢。後手の頑張りは一歩届かない。

 以上のように、第1図から△8二銀とハッチを閉める手は先手良しとなった。後手は穴熊を完成できないのは悔しいが、先手の仕掛けを抑えることが急務なようだ。

第1図から△4二角

第1図以下の指し手②

△4二角▲5五銀左△同銀▲同銀(結果図)

再掲第1図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=29  ▲3七桂  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・v飛v角 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 歩 
手数=33  ▲5五同銀  まで

 蛇足ながら、第1図から△4二角は平凡に▲5五銀左と取って先手が良い。以下△3五歩なら▲2六飛でなんともないし、△3三角なら▲5六歩、それ以外なら▲4六銀。いずれも先手良し。

第1図から△5一飛

第1図以下の指し手③

△5一飛▲4五銀△3二金▲3四銀△4二角▲2三歩(第13図)

再掲第1図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=29  ▲3七桂  まで
第13図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金v飛 ・ ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・ ・v角v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 銀v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=35  ▲2三歩  まで

 △5一飛は▲4五銀に△3二金で形よく耐えようという意味。▲4五銀に△4二角は▲4四銀△同歩▲5五銀で先手良し。

 ▲3四銀一歩掠め取ったが△4二角でこのまま△5六歩とされると容易ではない。▲2三歩が好手で▲2二歩成~▲4三銀成を狙っている。

第13図以下の指し手

△3三銀▲同銀成△同角▲9六歩(途中図)△8二銀▲4五桂△4二角▲6五銀(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金v飛 ・ ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 
手数=39  ▲9六歩  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金v飛 ・ ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・v角v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 銀v歩 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 
手数=43  ▲6五銀  まで

 ▲2二歩成~▲4三銀成を防ぐには△3三銀しかないが、▲同銀成△同角に▲9六歩と一呼吸置く。△8二銀との交換は損に見えるが▲4五桂~▲6五銀とした結果図は先手良し。▲9六歩の一手によって▲9七角が発生し、格段に攻めやすくなっている。▲5三銀△同角▲同桂成△同飛▲2二歩成△同金▲9七角や▲5四銀打の狙いがあり先手良し。以下△4四銀なら▲3四銀。後手からはこの形をほぐせない。

第1図から△3二金

第1図以下の指し手④

△3二金▲9六歩△8二銀▲9七角(第14図)

再掲第1図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=29  ▲3七桂  まで
第14図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=33  ▲9七角  まで

△3二金は▲4五銀に△2三金と耐えようという意味。強引な受けだが案外突き崩すのは難しい。

 △3二金型には▲9六歩~▲9七角がより有力な攻め筋。前回も主力となった急所のラインだ。

第14図以下の指し手

△7一金▲6八金上△5一角▲7七桂△9四歩▲2九飛△1四歩▲6五桂(結果図)

結果図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v角 ・ ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ 桂v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=41  ▲6五桂  まで

 第14図で△5六歩▲同歩△同飛は▲4五桂で先手優勢。前回の筋と似ている。  ▲6八金上に△5六歩も▲同歩△同飛▲4五桂△2二角▲5五歩で先手優勢。△5六歩の仕掛けがないので先手はゆっくり駒組みできる。

 結果図は先手優勢。先手が負けようのない態勢だ。

第1図以下の指し手⑤

△3二金▲9六歩△6四歩(途中図)▲4五桂△2二角▲2四飛△2三歩▲2五飛△8二銀▲7五銀(結果図)

途中図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
|v香 ・ ・ ・v飛 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・ ・v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・v銀v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=32  △6四歩  まで
結果図
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・v飛 ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 銀 ・v歩 桂 ・ 飛 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=39  ▲7五銀  まで

 △3二金▲9六歩に△6四歩という手もある。▲9七角と出させないようにした手だが、▲4五桂が成立した。のちの展開を見れば、△6四歩と▲9六歩の交換で先手が大きく得をしているのは明らかだ。

 △4二角や△5一角は▲5五銀左で▲4一銀の隙があり先手優勢。仕方なく△2二角と引くが、▲2四飛で▲2三歩~▲5五銀左を狙う。仕方のない△2三歩に▲2五飛と高飛車に構え、結果図の▲7五銀で△6四歩が目標になる。以下、△5六歩▲同歩△同飛には▲6四銀△7六飛▲7七歩△5六飛▲9七角で良いし、△3一角には▲9七角△5四飛▲6六歩△5六歩▲同歩△同飛▲6七金△5四飛▲5五歩△5一飛▲2八飛(変化図)

変化図
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂 ・v金v飛 ・v角v桂v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 銀 ・ 歩 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ 金 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:歩 
手数=51  ▲2八飛  まで

で先手良し。▲5五歩に△同銀は▲5三桂成。変化図から△5五銀も▲5三歩で完封だ。

 以上で本記事を終える。後手は一直線に穴熊に潜って堅さで勝負しようとしたが、先手は後手が態勢を整えるまでに先攻することができた。▲2四歩から▲3七桂が機敏で先手良しが結論だ。

 次回は後手が一直線に美濃囲いを目指す指し方を研究する。やはり書籍ではほとんど触れられない変化だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする