△3三桂型向飛車の組み方と居飛車の対策

はじめに

 表題に掲げた△3三桂型向飛車とは以下のような形である。

△3三桂型向飛車
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・v銀 ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 

 通常の角交換四間飛車→向飛車の振り直しは、はじめに△3三銀と受けることによって逆棒銀を狙いとした。ただ、早々に形を決めてしまうことや狙いが単純なことからか、あまり好まれてはいないようだ。
 一方こちらの△3三桂型向飛車は、基本的に千日手含みの持久戦を狙いとし、手損があまり気にならない。左銀の形を決めないことにより、△5四歩~△5三銀や△4四歩~△4三銀を選べる。また、△2五桂と歩をかすめ取る積極策もあり、含みが多く自由度の高い形である。また、形によっては(△3三角~▲3三角成を経なければ)△3三銀型に戻すことも出来る。
 さてメリットばかりに思えるこの形だが、「そう簡単には組めない」が通説のように感じる。この形を目指す道程には様々な障壁があり、逆に言えば、「居飛車としては組ませてはいけない」、つまり、的確な障壁を用意しなければならないとも言える。そこで本記事では、後手がこの形を目指すときの手段、そしてそれに対する居飛車の手順をまとめていきたい。
 最終目標は△3三桂型向飛車だが、そこまでの道程は大きく3つに分類できる。向飛車系(手損なしで向飛車に振る)、四間飛車系(4筋に途中下車)、三間飛車系(3筋に途中下車)だ。それぞれ調べていこう。

向飛車系

 まずは向飛車系から。振り飛車としては手損なしで組めるなら万々歳である。ただし、欲張った分先手からも手段がある。

鬼殺し向飛車

初手からの指し手
▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△2二飛

鬼殺し向飛車
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0    まで

 鬼殺し向飛車は先手がすぐに飛車先を決めてきたときに有効な戦法。上図からの先手の対応が問題だ。
 例えば平凡に▲6八玉なら、△8八角成▲同銀△4二銀という手段がある。△3三角~△8八角成は手損だが、ダイレクトな向飛車なので釣り合いはとれており、後手は目標達成といえる。また、▲6八玉に△4二銀もある。▲3三角成を催促しており、▲6六歩と角道を止めるのは消極的でやる気がしない。
 よって先手は▲3三角成△同桂▲6五角と踏み込む。これには△4五桂▲4八銀△5五角

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀 ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 角v角v桂 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0    まで

でどうか。▲9八香△9九角成▲7八銀で後手は香を取れるが先手も桂を取り切れそう。形勢不明の力戦だが、馬がソッポな分だけ多少先手が良いだろうか。

 このような展開を満足と見ないなら、△2二飛▲3三角成△同桂に▲9六歩と端歩を突く手がある。一見狙いがわかりにくいが、△9四歩なら▲6五角△4五桂▲4八銀△5五角に▲9七香と逃げられるという意味。これは先手が桂得まで狙える。また△9四歩以外の手なら▲9五歩と端を突き越す。ダイレクトな向飛車を許し端の位まで取ると後手から速攻がありそうだが、その手段は難しい。穏便ながら先手の有力策だ。

参考記事…鬼殺し向飛車ー初手からの指し手(現代振り飛車ナビ)

四手目△3三角(窪田流)

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△3三角

四手目△3三角
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0    まで

 鬼殺し向飛車は三手目▲2五歩にしか使えなかったが、四手目に△3三角と上がる窪田流で誘導することができる。
 基本図がこちら。ここで▲2五歩なら△2二飛で鬼殺し向飛車に合流する。また▲6八玉のような手なら△4二飛と途中下車することもできる(後述)。四手目△3三角は向飛車型と四間飛車型を選べ、もちろん窪田流の指し方にもできるので応用の利く形だ。

四間飛車系

 四間飛車に途中下車する手段を考えていく。途中下車のメリットは▲6五角が両取りにならないこと。△7二玉まで入れば△2二飛と転換できるので、先手がそれまでに▲2四歩と動けるかがポイントとなる。

△3三角受け型

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△4二飛▲2五歩△3三角

△3三角受け型
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=6  △3三角  まで

 上が基本図。四間飛車に振り、角道を開けたまま△3三角と飛車先を受ける。三手目▲2五歩や窪田流からも合流できる誘導しやすい形だ。
 基本図から▲3三角成△同桂とし、▲6八玉△6二玉(A)の局面か▲7八玉△7二玉(B)の局面で手段があるか。どちらかで動かないと△2二飛と回られる。
 (A)で▲2四歩△同歩▲同飛はどうか。△2二飛に▲2三歩△2一飛▲6五角と、△7二玉が入らないうちに馬作りを狙う。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v飛v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v桂 歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 飛 ・|四
| ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=17  ▲6五角  まで

 馬を作って先手成功のようだが、以下△3二金▲8三角成△4五桂▲2五飛△3三角とされると香取りが受からない。▲7八銀△9九角成▲7七桂として形勢不明だ。
 蛇足ながら、▲6五角に代えて▲2二角は△5五角▲7七桂△7四歩で先手不利。

 (A)から▲2四歩△同歩▲2三角もある。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v桂 角v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=13  ▲2三角  まで

 △1二角は▲同角成△同飛で▲2三角でも▲6五角でも先手が成功なので、△2五桂が正しい応接。そこで▲3四角成を急ぐと△3二飛▲4三馬△5五角の攻めが嫌味。いったん冷静に▲8八銀とする。
 △5五角と局面を動かすか、△3二飛とじっくり指すか。いずれにしても互角の形勢だ。

 以上を踏まえて、(B)で▲2三歩△同歩▲2三角が有力な手段。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀 ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v桂 角v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=15  ▲2三角  まで

 ▲7八玉は△7二玉より価値が高く、△5五角に▲7七桂でなく▲8八銀と形よく受けられるのが大きい。
 上図から△2五桂▲3四角成△3二飛▲2三馬と進む。先ほどなら△4四角▲7七桂△2二銀▲3二馬△同金▲7八銀△7四歩のような嫌味があったが、それがない。先手が少し指しやすいだろう。

角交換保留型

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△4二飛▲2五歩△6二玉

角交換保留型
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・v飛 ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=6  △6二玉  まで

 四間飛車に振ったまま△3三角と受けない作戦。自分からの角交換を残して自然だ。
 △3三角受け型では先手からの仕掛けのとき△3三同桂と手順に跳ねたが、今回はそれがない。ただし、その一手の分だけ玉の移動が早い。これらの特徴から、咎めに行く▲2四歩が間に合わなくなっている。
 先手の動く手段は▲2四歩だが、▲6八玉~▲7八玉を入れないと▲2四歩△同歩▲同飛のときに△8八角成~△3三角が利いて先手不利。△3三桂と跳んでいないのが活きる変化だ。
 ということで自然に進めるなら上図から▲6八玉△7二玉▲7八玉。しかしそうすると△8八角成▲同銀△2二飛となってしまう。そこで▲7七角△3三角を利かせても、どちらが得をしたかは難しい。後手は手損を気にしない。
 どうしても▲2四歩を成立させたいなら上図で▲7八金がある。△3三角が当たらないようにという意味だが、△3三角もあれば、△7二玉▲2四歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△3三桂と進めてもイマイチだ。
 本当にどうしても組ませたくないなら、上図で▲2二角成が最後の手段。△2二飛なら▲6五角で、△7四角▲同角△同歩▲5五角と進む。▲2五歩と突き越している分微差で先手がいいだろう。もちろん、▲2二角成に△同銀と取られると通常形と比べて大損なのは言うまでもない。

 このように、角交換保留型はかなり有力だ。

三間飛車系

 最後に、三間飛車への途中下車を見ていく。三間飛車系のメリットは、△4二銀と上がれること。四間飛車では向飛車にするまでに△6二玉~△7二玉が必要だったが、今回は△4二銀の一手で大丈夫。先手は早い動きが要求される。反面、△4三歩が浮くので▲6五角の筋が弱点となる。もちろん▲2四歩にも注意が必要だ。

六手目△3二飛(うっかり三間飛車)

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△3二飛

六手目△3二飛
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=6  △3二飛  まで

 ゴキゲン中飛車と見せかけて三間飛車に振る形。菅井王位の発案した戦法で、柔軟な発想力がうかがえる。ちなみに△5二飛のところを間違えて△3二飛と振ったように見えることから「うっかり三間飛車」と呼ばれている。
 狙いはわかりやすく、次に△8八角成~△4二銀~△2二飛。そして▲2二角成~▲6五角を消しているのが△5四歩の意味だ。
 さて、△5四歩を直接咎めるなら▲2二角成△同飛▲5三角が見える。代償なしに先手が馬を作れたように見えるが、△4二銀▲8六角成△6二玉▲6八玉△3三銀▲7八玉△7二玉▲4八銀△4四角

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v角v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ 馬 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=18  △4四角  まで

のようにするのが後手の狙い。△4四角を設置して逆棒銀の速攻を狙うことで、先手の馬を活かさない指し方。お互いに主張のある展開だ。

 また、▲2二角成に△同銀も考えられる手。以下▲5三角△3五歩▲7五角成△3六歩▲同歩△5五角と早石田風の速攻だが、▲8八銀△2八角成▲同銀△3六飛に▲5三馬で歩を回収できる先手がよさそうだ。

参考記事…菅井流三間飛車 先手▲5三角の変化~前編~(Ray)(’98将棋ブログ)

四手目△3二飛

初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二飛

四手目△3二飛
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=4  △3二飛  まで

 △5四歩を省略し、4手目に△3二飛と回る形。もちろん▲2五歩なら△8八角成~△4二銀で後手の思惑通り。先手は動く。
 ▲2二角成△同飛▲6五角△7四角▲4三角成△5二金左▲3四馬△4七角成▲6八玉△6五馬▲7七玉

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬 ・ ・|四
| ・ ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 玉 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:歩二 
手数=15  ▲7七玉  まで

のような進行でどうか。先手は一歩得を死守する手順。玉形は不安定だが安定すれば一歩得が活きる。後手から動く手段は難しく少し先手持ちだろう。

参考記事…三間飛車 菅井流4手目△3二飛戦法(将棋・序盤のStrategy)

二手目△3二飛

初手からの指し手
▲7六歩△3二飛

二手目△3二飛
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+

先手の持駒:なし
手数=2  △3二飛  まで

 最後に、二手目にいきなり△3二飛と振る戦法。もともと後手で石田流に組むのが目的だが、△3三桂型向飛車を目指すのにもピッタリの戦法。居飛車党にとっては最も手ごわい相手だ。
 図から▲2六歩には△4二銀とし、▲2五歩に△3四歩となる。こうなると、安全に向飛車に振り直されてしまう。途中に仕掛けようもなく、こればかりは、相振り飛車を採用するしか避ける道はない。

まとめ

 △3三桂型向飛車へ組む方法をいろいろと見ていった。こう見ると確かにそれぞれ多少弱点はあるが、居飛車をもってすべてを的確に咎めるのは至難の業というのがおわかりいただけたと思う。居飛車の現実的な案としては、鬼殺し向飛車は一手得を求めてくるので▲9六歩で頑張り他は妥協するか、もしくは三手目▲2五歩で角交換保留型KKSと三間飛車系を全てなくし他を咎めに行くか、といったところだろう。特に相手が振り飛車党と分かっているときは、三手目▲2五歩は効果的だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする